佐久間由衣がビッチ宣言!? 映画『“隠れビッチ”やってました。』が、この冬女子の共感を呼ぶ!

“隠れビッチ”が本当の恋と出会い、自分の弱さと向き合い成長していく姿を描いた映画『“隠れビッチ”やってました。』が12月6日(金)より公開。痛快なモテテクに笑って泣ける、物語のあらすじをちょっとだけお見せしたいと思います♪

本作はイラストレーターで漫画家のあらいぴろよ氏の体験をもとに描いたコミックエッセイを、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」などで知られる三木康一郎監督が映画化。

本作で主演を務めるのは、近年映画やドラマへの出演が相次ぐ佐久間由衣。佐久間は本作が映画初主演となり、一見清純そうな隠れビッチな主人公・荒井ひろみを好演しています。

衝撃の“隠れビッチ”のあらすじはこんな感じ!

メイクはナチュラルでデートの戦闘服は露出控えめのワンピース。それでいて男性が落ちる絶妙なタイミングでスキンシップやモテテクを駆使し、相手から「好きです」と告白させたら即フェイドアウト――。

(C)2019『"隠れビッチ"やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

バツイチ系、肉食系、草食系、エリート系、文化系…あらゆる男性にモテることを生きがいにする26歳の独身女・ひろみ(佐久間)はまさに自身もシェアハウス仲間のコジ(村上虹郎)や彩(大後寿々花)も認める“隠れビッチ”。

(C)2019『"隠れビッチ"やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

しかし、そんなひろみの前に久々に本気で気になる男性・安藤(小関裕太)が現れるも、これがまさかの負け試合! ショックのあまりやけ酒をあおっている現場を同じ職場の三沢(森山未來)に目撃されてしまい、ひろみは自身が“隠れビッチ”だということを打ち明け、自分の弱さと向き合い始めていきます。

予告編にて明かされた“隠れビッチ”のさらなる詳細をチェック!

今回、本作の予告編が公開。モテるためには手段を選ばないひろみは冒頭からボディタッチ、相手に密着しながらの褒め殺し、いつでもブリッコとその“隠れビッチ”ぶりをいかんなく発揮。

その甲斐あってか(?)清純を装い男性を振った人数は、3年で600人! ひろみ曰く「たくさんの男に告白されて自分の自信がチャージされればそれでOK」とばっさり切り捨てます。

しかし、そんなひろみにシェアハウス仲間の彩は「そんな自信って本当に意味あるの?」と本人を目の前に言い放ちます。「私から逃げても自分からは逃げられないから!」と説教する彩の言葉に耳を塞ぎ、自分の殻に閉じこもるひろみ。でも、たしかに本当の恋ってうまくいかないかも…? もしかしてありのままの自分じゃ愛されない…? 本当に好きな人が現れたとき、ひろみは自分とどう立ち向かい、変化していくのか――。

また、彩と同じくシェアハウス仲間のコジに「自分に自信がないからって男に逃げるのはやめなさい。ちゃんとした人間になりなさい」と諭されるシーンは、思わず耳が痛くなるもその優しさに胸がキュンとなる感覚が。

そして、ひろみが久々に好きなった安藤との恋の行方は? さらに、本当の幸せに気づいたとき、ひろみが出した答えとは…?

女性のリアルな本音が詰まった予告編は見ているだけで共感度◎。この続きが気になる方は、是非劇場に足を運んで、自身の恋愛値をチャージしてくださいね!