コンパクトなのにJBLらしい臨場感!最新シリーズ「JBL FLIP5(フリップ5)」が発売

「雨でも晴れでも、いつでもどこでも思い切り楽しめる」をコンセプトに誕生したBluetoothスピーカー「JBL FLIP」に、最新モデル「JBL FLIP5(フリップ5)」が10月4日(金)より発売開始。

片手で持ち運べるコンパクトサイズながらも、JBLならではの臨場感あふれる大迫力サウンドを堪能できる注目のアイテムです。これまでのモデルを超える「JBL FLIP5」の魅力をご紹介します。

※2019年10月2日時点の情報です。

「FLIP5(フリップ5)」の特長

1:いつでもどこでも使える片手サイズ×防水機能

「FLIP5」は、女性やお子様でも片手で掴める円筒形デザイン。標準的な500mlのペットボトルと同じくらいの太さ、重量なので、自転車や自動車のドリンクホルダーにスッポリ納まります。

万が一のときに備えて、チューブ型の基本形状と丈夫なファブリック素材のグリル、ラバーバンパーを採用。不意の落下や衝撃にも耐えられるタフな設計となっています。背面側には標準ストラップもあるので、吊り下げて運ぶことが可能です。

また、JBLポータブルBluetoothスピーカーのスタンダード機能である防水(IPX7)※1 機能に対応。バーベキューやキャンプなどのアウトドアはもちろん、キッチンや浴室など、いつでもどこでも安心して使用できます。

※1 防水性能IPX7は、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されています。

2:JBLらしい臨場感あふれる大迫力サウンド

FLIP5では、新たに開発された44x80mmと口径の大きな楕円形ドライバーを搭載。2つのドライバーを近接して配置していた従来モデルのように、ノイズや歪が生じることはありません。中高音が伸びやかになり、洗練されたクリアな音質を実現しました。

また、低音の補強用としてボディの両端に設置されるパッシブラジエーターも、表面素材をラバーに変更。その筐体サイズからは想像もできないほど、柔らかで豊かな低音を奏でます。

ちなみに、縦置きした際にも下側のパッシブラジエーターから低音が出力できるように、エンドキャップ形状には切り欠き加工されています。アンプ出力が20Wとなり、歪みや低音割れのない音楽再生が可能になった最新モデルで、JBLならではの臨場感あふれる大迫力サウンドを堪能してみてはいかがですか?

3:連続約12時間以上のワイヤレス再生

4,800mAhの大容量バッテリーを搭載したFLIP5は、連続約12時間のワイヤレス再生が可能! バッテリー切れの心配をすることなく、お気に入りの音楽を楽しむことができます。

充電端子には、USB Type-Cを採用。端子自体にも防水性能を持たせることで、フリップカバーを開けるひと手間なくスムーズに充電を開始できます。

4:最新ワイヤレス機能「JBL PARTY BOOST」搭載

新世代のBluetooth接続技術「JBL PARTY BOOST」機能を搭載! 従来の「JBL Connectプラス」の使い勝手はそのままに、より途切れにくいBluetooth接続が可能になりました。

スピーカー本体の「PARTY BOOSTボタン」を押すだけで、同機能を搭載したスピーカー同士を接続して、一斉再生することも可能。スマートフォン・タブレット用アプリ「JBL Connect」(無料)を使えば、同時接続した2台のJBL FLIP5を、左チャネル用と右チャネル用に設定し、ステレオ再生することもできます。本格的なサウンドを楽しみたい方におすすめです。

最新モデル「JBL FLIP5(フリップ5)」のカラーは、ブラック、ブルー、レッド、ティール、ホワイト、スクワッドの全6色。あなたらしい使用シーンに合わせて、とっておきの1台を選んでみてはいかがですか?

詳しくはこちら