「ホーム画面」の基本的な見方&アプリの整理の仕方について

「ホーム画面」は、スマートフォンのメインページでもあるので、まずは基本的な見方を知っておくべきです。

アプリの起動やWEBへの接続、各種の細かな設定など、全てはホーム画面から始まるので、スマートフォンを利用する上でしっかりと理解をしておきましょう。

そこで今回は、スマートフォンの「ホーム画面」の基本的な見方やアイコンの整理方法などについて詳しく解説していきます。

※2019年10月25日時点の情報です。
※この記事で使用している端末は、「iPhone 8 Plus(iOS13.1)」と「Google Pixel 3a(Android10)」です。
※2020年1月31日に動画を追加しました。

【iPhone】「ホーム画面」の基本的な見方

iPhoneのホーム画面には、全アプリのアイコンが表示されています。左右にスワイプすることで、画面ページを切り替えることが可能。

赤枠で囲った画面下部には、電話やカメラなど、よく使用するアプリが並べられます。

ホーム画面の上部から下部に指をスワイプさせると、「通知センター」が表示され、着信やメールの通知、予定やニュース、天気予報などを確認することができます。

ホーム画面の下部から上部に指をスワイプさせると、「コントロールセンター」が表示されます。ここでは、Wi-Fiのオン・オフ、音量や明るさの調整などが行えます。

ホーム画面で「設定」アプリをタップすることで、設定画面に移動できます。ここでiPhone本体に関する各種設定が行えます。

【Android】「ホーム画面」の基本的な見方

Androidのホーム画面には、赤枠で囲った下部に電話やカメラなど、よく使用するアプリが並べられ、これはどのページに移動しても常に表示されます。

左右にスワイプすることで、画面ページを切り替えることが可能です。

ホーム画面の上部から下部に指をスワイプさせると、「通知パネル」が表示されます。

着信やメールの通知、ニュースや天気予報などの通知が確認できるだけではなく、Wi-Fiのオン・オフ、音量や明るさの調整などもここで行えます。

ホーム画面の下部から上部に指をスワイプさせると、「アプリ画面」が表示されます。

全てのアプリ一覧がここで確認できるので、お好みのアプリをタップして起動させてください。

「アプリ画面」で「設定」アプリをタップすることで、設定画面に移動できます。ここでAndroid本体に関する各種設定が行えます。

【iPhone】ホーム画面の「アイコンを整理する」方法

iPhoneでホーム画面のアイコンを整理する場合には、まずは移動させたいアプリを長押ししてください。

すると、アイコンがグラグラと揺れ始め、アイコンの左上に×印が表示されます。

移動させたいアプリは指を離さずに移動させたい場所までドラッグ。削除したいアプリは×印をタップすればホーム画面からは消すことができます。

アプリをフォルダにまとめたい時は、アプリ同士を上に重ねるようにすると、ひとつのフォルダの中に格納することも可能です。

【Android】ホーム画面の「アイコンを整理する」方法

Androidでアイコンを整理する場合には、「アプリ画面」から移動させたいアプリを長押ししたまま、指を離さずにホーム画面までドラッグ。

これでよく使うアプリはホーム画面からすぐに起動できるようになります。

アプリをフォルダにまとめたい時は、まとめたいアプリ同士を上に重ねるようにすると、ひとつのフォルダの中に格納することも可能です。

「ロック画面」の設定方法

なお、「ロック画面」ではパスコードを設定しておくと、他人にスマートフォンの中身を覗かれてしまうような危険性を回避できます。

iPhoneの場合は、「設定」アプリから「Touch IDとパスコード」を選択し、4桁の暗証番号を入力。

Androidの場合は、「設定」アプリから「セキュリティ」を選択し、「画面ロック」→「PIN」と進んで、4桁以上の暗証番号を入力。

上記の方法で簡単にパスコードは設定・変更が行えます。

スマートフォンで最も活用する場所とも言えるのが「ホーム画面」です。
・「ホーム画面」の基本的な見方
・ホーム画面の「アイコンを整理する」方法
・「ロック画面」の設定方法
今回は上記の3つの基礎部分について解説しました。「ホーム画面」をより便利に効率的に使えるよう、ぜひ参考にしてみてください。