電話に出られないときの対処法も!スマホでの「電話の受け方」を解説

スマートフォンに電話がかかってきたときに、どこを触ればいいのかがわからなくて、うまく電話に出られないというケースもあるでしょう。

ただ、難しい操作は必要ないので、落ち着いて対応ができるようになれば、難なく電話を受けられるようになるはずです。

そこで今回は、スマートフォンでの「電話の受け方」について詳しく解説していきます。

※2019年10月25日時点の情報です。
※この記事で使用している端末は、「iPhone 8 Plus(iOS13.1)」と「Google Pixel 3a(Android10)」です。
※2020年1月30日に動画を追加しました。

「iPhone」での電話の受け方

スリープ状態のときに電話がかかってきた場合は、【スライドで応答】の部分を右にスワイプすれば電話に出ることができます。

スマートフォンを操作中に電話がかかってきた場合は、【応答】をタップすれば通話が開始し、電話に出られないときには【拒否】をタップします。

電話に出られないときには、SMSで相手にメッセージを送ることも可能。【メッセージを送信】をタップして、送りたい「メッセージ」を選べば完了です。

電話に出られないときに、【あとで通知】をタップすると、電話をかけ直すように通知をする設定が行えます。

留守番電話を確認するには、「キーパッド画面」で画面下部にある【留守番電話】をタップすると、メッセージを聞くことができます

「Android」での電話の受け方

スリープ状態のときに電話がかかってきた場合は、上にスワイプをすれば「応答」、下にスワイプをすれば「拒否」することができます。

スマートフォンを操作中に電話がかかってきた場合は、【電話に出る】をタップすれば通話が開始し、電話に出られないときには【拒否】をタップします。

電話に出られないときにはSMSで相手にメッセージを送ることが可能。【返信】をタップして、送りたい「メッセージ」を選べば完了です。

留守番電話を確認するには、「キーパッド画面」で【1】のボタンを長押しすると、メッセージを聞くことができます

今回は電話の受け方だけではなく、出られなかった時の対処法についても解説をしました。手順を覚えて焦らずに操作をすれば、「応答」も「拒否」も簡単に行えるようになりますよ。