いざという時に知っておきたい!スマホが「動かなくなってしまったとき」の対処法

スマートフォンを使っていて、急に動作が遅くなったり、固まって全く動かなくなってしまった…そんなときでも、焦らずに落ち着いて対処をすれば、すぐにまた元の正常な状態に戻せるはずです。

そこで今回は、スマートフォンが「動かなくなってしまったとき」の対処法について詳しく解説していきます。

※2019年10月29日時点の情報です。
※この記事で使用している端末は、「iPhone 8 Plus(iOS13.1)」と「Google Pixel 3a(Android10)」です。

「起動中のアプリ」を終了させる

スマートフォンの動作が遅くなってきた場合は、まずは起動中のアプリを一旦全て終了させてみると、多少は軽くなって改善されるかもしれません。

iPhoneの場合は、「ホームボタン」を2回続けて押すと、バックグラウンドで起動しているアプリが表示されます。

なお、iPhone X以降のモデルは「ホームボタン」が無いので、画面下にある横棒(ホームインジケータ)を下から上にスワイプすると、バックグラウンドで起動しているアプリが表示されます。

表示された各アプリを、指で上になぞってスワイプしていくと、全てのアプリを終了させることができます。

Androidの場合は、「ホーム画面」で画面下部から上に指をなぞってスワイプすると、バックグラウンドで起動しているアプリが表示されます。

表示された各アプリを、指で上になぞってスワイプしていくと、全てのアプリを終了させることができます。

スマホの「再起動」を行ってみる

起動中のアプリを終了させても改善されない場合は、スマートフォンを「再起動」してみましょう。

iPhoneの場合は、「スリープボタン」を長押しして、【スライドで電源オフ】の部分をスライドして電源を一度オフにします。

そして、再度「スリープボタン」を長押しして電源をオンにすれば、再起動の完了です。

Androidの場合は、「スリープボタン」を長押しすると、メニューが表示されます。そのメニューの中から【再起動】を選択すれば、再起動は完了となります。

固まってしまったら「強制的に再起動」を行う

スマートフォンが完全に固まって動かなくなってしまった場合は、「強制的に再起動」を行ってください。

iPhone(8/8 Plus/X以降の機種)の場合は、

1:音量を上げるボタンを押す
2:音量を下げるボタンを押す
3:Appleのロゴが表示されるまでスリープボタンを長押しする

この手順で強制的に再起動を行うことができます。

Androidの場合は、「スリープボタン」を30秒ほど長押しすると、強制的に再起動を行うことができます。

スマートフォンの動作が重くなったり固まったりしたときには、今回紹介した改善方法を試してみてください。
・「起動中のアプリ」を終了させる
・スマホの「再起動」を行ってみる
・固まってしまったら「強制的に再起動」を行う

この順で落ち着いて対処をすれば、すぐに正常な状態に戻せますよ。