再設定のやり方は?アカウントの「パスワード」を忘れてしまった場合の対処法

スマートフォンを活用する際には、「Apple ID」や「Googleアカウント」がとても重要になってきます。

アプリをインストールするときにも必要になってくるので、パスワードを忘れてしまった場合には、新しいパスワードを再設定するといいでしょう。

そこで今回は、アカウントの「パスワード」を忘れてしまった場合の対処法について詳しく解説していきます。

※2019年10月29日時点の情報です。
※この記事で使用している端末は、「iPhone 8 Plus(iOS13.1)」と「Google Pixel 3a(Android10)」です。

iPhoneの「Apple ID」のパスワードを忘れた場合

iPhoneで使用する「Apple ID」のパスワードを忘れてしまった場合は、まずはSafariを起動させて、URL欄に「appleid.apple.com」と入力して「Appleアカウントの管理画面」にアクセスしてください。

「Appleアカウントの管理画面」に飛んだら、【Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?】の部分をタップします。

「Apple ID」を入力した後、【続ける】をタップ。

【パスワードをリセット】を選択して、【続ける】をタップします。

そして、次の画面で【メールを受け取る】を選択して【続ける】をタップすると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

そのメールに記載されているリンクをタップすると、新しいパスワードを再設定することができます。

Androidの「Googleアカウント」のパスワードを忘れた場合

Androidで使用する「Googleアカウント」のパスワードを忘れてしまった場合は、まずはChromeを起動させて、URL欄に「google.co.jp」と入力して「Googleのトップ画面」にアクセスしてください。

「Googleのトップ画面」に飛んだら、右上の【ログイン】をタップします。

「Googleアカウント」を入力した後、【次へ】をタップ。

画面下部の【パスワードをお忘れの場合】の部分をタップします。

「アカウント復元」の画面が表示されるので、覚えているパスワード(間違えてもOK)を入力して、【次へ】をタップします。

すると、画面に数字が表示され、Googleから通知も届くので、その通知パネルを開いて表示されていた数字を選択します。

「パスワード変更」の画面に移動するので、そこで新しいパスワードを再設定することができます。

アカウントのパスワードを忘れてしまったときは、速やかに新しいパスワードを再設定するのが得策です。またセキュリティの観点から、パスワードは誕生日、名前などの個人情報やABC、123などわかりやすい文字列を避けたもので設定するのがポイントですよ。