便利な多機能を使いこなそう!「スマホカメラ」の基本的な使い方

スマートフォンのカメラは非常に高性能であると共に、たくさんの便利な機能も搭載されています。

それらをしっかりと使いこなすことができれば、より楽しいカメラライフを送れるようにもなるはずです。

そこで今回は、「スマホカメラ」の基本的な使い方について詳しく解説していきます。

※2019年10月30日時点の情報です。
※この記事で使用している端末は、「iPhone 8 Plus(iOS13.1)」と「Google Pixel 3a(Android10)」です。

「iPhone」のカメラ機能

まずは、iPhoneに搭載されているカメラ機能について紹介していきます。

①フラッシュ
写真を撮影する際のフラッシュ機能を【自動/オン/オフ】から選択できます。

②LIVE Photos
LIVE Photos機能の【オン/オフ】を切り替えます。

Live Photosを「オン」に設定しておくと、シャッターボタンを押す前後1.5秒、合計3秒間の映像と音声も撮影して保存されます。

③セルフタイマー
セルフタイマー撮影の機能を【オフ/3秒/10秒】から選択できます。

④フィルター
写真の色合いや雰囲気を変えるフィルターをかけて撮影が行えます。ビビッド、ドラマチック、モノクロなどの中から好みのものを選択できます。

⑤撮影モード
左右にスワイプすれば、撮影モードが切り替えられます。

【写真/ポートレート(背景をぼかした写真)/スクエア(正方形の写真)/パノラマ/ビデオ/スロー/タイムプラス(早回し動画)】の中から選択できます。
※ポートレートモードは、iPhone XR/XS/XS Max/X/8 Plus/7 Plusのみ

⑥サムネイル
タップすれば、撮影した写真を確認できます。そのまま写真を編集したり、アルバムに移動することも可能です。

⑦シャッターボタン
ここをタップすると、写真を撮影することができます。「撮影モード」を選んでからタップしてください。

⑧インカメラ
タップすると、インカメラに切り替わります。顔写真などの自撮り写真を撮影したい場合に使用します。

「Android」のカメラ機能

次に、Androidに搭載されているカメラ機能について紹介していきます。
※機種により機能の有無、操作方法は異なります。

①セルフタイマー
セルフタイマー撮影の機能を【オフ/3秒/10秒】から選択できます。

②モーションフォト
モーションフォト機能の【自動/オン/オフ】を切り替えます。

モーションフォトを「自動」もしくは「オン」に設定しておくと、シャッターボタンを押す前後3秒間の映像と写真も同時に撮影して保存されます。

③フラッシュ
写真を撮影する際のフラッシュ機能を【オート/オン/オフ】から選択できます。

④撮影モード
左右にスワイプすれば、撮影モードが切り替えられます。

【カメラ/動画/その他/ポートレート(背景をぼかした写真)/夜景モード)】の中から選択できます。

「その他」をタップすれば、パノラマ、スロモ動画、タイムプラスなどが選べたり、各種設定が行えたりします。

⑤インカメラ
タップすると、インカメラに切り替わります。顔写真などの自撮り写真を撮影したい場合に使用します。

⑥シャッターボタン
タップすると、写真を撮影することができます。「撮影モード」を選んでからタップしてください。

⑦サムネイル
タップすれば、撮影した写真を確認できます。そのまま写真を編集したり、アルバムに移動することも可能です。

スマートフォンのカメラは、ただ撮影をするだけではなく、色々なモードやフィルターなどを使用することもできます。機能がとても充実しているので、上手に活用すれば思い出の写真も最高の形で残せますよ。