基本的な操作をマスターしよう!スマホで「写真」を撮影する方法

スマートフォンで写真を撮影するには、被写体を画面に写してシャッターボタンを押せばいいだけです。

ただ、普通の撮影のみではなく、様々な機能が搭載されてもいるので、それらの基本的な使い方も把握しておくととても便利です。

そこで今回は、スマホで写真撮影をする方法について詳しく解説していきます。

※2019年10月30日時点の情報です。
※この記事で使用している端末は、「iPhone 8 Plus(iOS13.1)」と「Google Pixel 3a(Android10)」です。

「iPhone」で写真を撮影する方法

まずは、iPhoneのカメラで写真を撮影する方法について紹介していきます。

「ホーム画面」で【カメラアプリ】を起動させたら、撮影モードから【写真】を選択して、ピントを合わせたい場所をタップした後、シャッターを押せば写真が撮影できます。

2本の指を使って画面をつまんだり広げたりすることで、ズームインとズームアウトも調整可能。また、シャッターボタンを長押しすると、連写(連続撮影)も行えます。

撮影モードから【ポートレート】を選択すると、背景をぼかして被写体をより際立たせた写真を撮ることができます。

※ポートレートモードは、iPhone XR/XS/XS Max/X/8 Plus/7 Plusで使えます。

撮影モードから【スクエア】を選択すると、縦横比が1:1の正方形の写真を撮ることができます。

撮影モードから【パノラマ】を選択して、iPhoneを横に動かしながら撮影するとパノラマ写真が完成します。

画面左上の【フラッシュマーク】をタップすると、フラッシュの【自動/オン/オフ】が選択できます。

画面上部の【LIVE Photosマーク】をタップすると、LIVE Photos機能の【オン/オフ】が切り替えられ、「オン」に設定すると、シャッターボタンを押す前後1.5秒、合計3秒間の映像と音声も同時に撮影して保存されます。

画面上部の【セルフタイマーマーク】をタップすると、セルフタイマー撮影の【オフ/3秒/10秒】が選択できます。

画面右上の【フィルターマーク】をタップすると、写真を撮影する際のフィルターを選択できます。

「Android」で写真を撮影する方法

次に、Androidのカメラで写真を撮影する方法について紹介していきます。

※機種により機能の有無、操作方法は異なります。

「ホーム画面」で【カメラアプリ】を起動させたら、撮影モードから【カメラ】を選択して、ピントを合わせたい場所をタップした後、シャッターを押せば写真が撮影できます。

2本の指を使って画面をつまんだり広げたりすることで、ズームインとズームアウトも調整可能。また、シャッターボタンを長押しすると、連写(連続撮影)も行えます。

撮影モードから【ポートレート】を選択すると、背景をぼかして被写体をより際立たせた写真を撮ることができます。

撮影モードから【夜景モード】を選択すると、暗い場所でも鮮やかな写真を撮ることができます。

画面右上の【フラッシュマーク】をタップすると、フラッシュの【オート/ON/OFF】が選択できます。

画面左上の【セルフタイマーマーク】をタップすると、セルフタイマー撮影の【OFF/3秒/10秒】が選択できます。

画面上部の【モーションフォトマーク】をタップすると、モーションフォト機能の【自動/ON/OFF】が切り替えられ、「自動」もしくは「ON」に設定すると、シャッターボタンを押す前後3秒間の映像と写真も同時に撮影して保存されます。

スマートフォンのカメラは、日々どんどん高性能に向上していっています。だからこそ、基本的な使い方や豊富な機能の活用方法を知っておくと、より素敵な写真が撮れるようにもなるはずですよ。