「迷惑メールが毎日送られてくる…」そんな時にすべきこととは?

毎日のように送られてくる迷惑メールは、本当に困りものですし、いちいち削除をするのも面倒な作業です。

そういったときのために、迷惑メールを受信しないようにする設定もあるので覚えておくといいでしょう。

そこで今回は、「迷惑メール」を受信しないようにする方法について詳しく解説していきます。

※2019年10月30日時点の情報です。

「迷惑メール」の対応策

まず、迷惑メールを受信した際にすべき対応策についてご紹介します。

1:ファイルやURLを開かない

迷惑メールを不用意に開いてしまうとウイルスに感染したり、不適切な広告や画像が表示されたりすることがあります。

メール内にURLや添付ファイルがあったとしても開かずに、そのままメール自体を削除しましょう。

特に迷惑メールに記載されたURLへのアクセスしてしまうと、料金請求などのトラブルになりうる可能性もあります。

URLをクリックしサイトを閲覧することで、サイトの運営者にあなたがメールを受け取り、サイトにアクセスしたという情報が発信される場合もあるので、気をつけてください。

2:返信しない

迷惑メールには返信をしないのが基本中の基本です。たとえ身に覚えのない料金請求などが届いたとしても、気になる気持ちをグッとこらえて無視をしましょう。

内容が悪質であったり、犯罪が疑われたりする内容の場合は警察庁のサイバー犯罪対策課に問い合わせてみるのも一つの手です。

詳しくはこちら

3:信用しない

迷惑メールにだまされると、個人情報などが流出する可能性も。

有名企業の偽サイトへ誘導してIDやパスワードを入力させ、個人情報をだまし盗る「フィッシング詐欺」などの可能性もあります。「あやしいな」と思う場合は、サイトの運営会社に問い合わせるなどしましょう。

「迷惑メール」の受信を防ぐには?

迷惑メールの受信を防ぐ手立てとして、「ドコモ」では「かんたん設定」で迷惑メール対策ができます。

まずは「My docomo」にログインをします。

次に、【設定(メール等)】を選択して、【メール設定】内の【設定を確認・変更する】をタップします。

そのまま【かんたん設定】をタップし、【受信拒否 強】を選んだら【確認する】をタップします。

最後に設定内容を確認した後、【設定を確定する】をタップすれば、迷惑メールのフィルタリングが行えます。

詳しくはこちら

迷惑メールは、不用意にメール内に記載されているURLや添付ファイルなどを開いてしまうと大きなトラブルにつながる可能性もあります。迷惑メールが届いた際には基本的には無視をし、内容によっては警察庁や当該サイトの運営会社に問い合わせることをおすすめします。また、迷惑メールを受信しないために事前の対策もお忘れなく!