人生のヒントになる!イチローがすごろく形式で“生き方”を説く独占インタビュー動画配信中

あのイチローが、人生をすごろく形式で語る!

「SMBC日興証券株式会社」の独占インタビュー動画「人生100年 イチロー人生すごろく」が、同社の公式YouTubeチャンネルにて好評配信中です。

今年3月に惜しまれながら球界を引退した元野球選手のイチローこと鈴木一朗が、「人生すごろく」のコマを進めながら様々なテーマで語る企画。放送作家の鈴木おさむが聞き手となり、イチローの野球人生や現代社会へのメッセージなどを計23本の動画にまとめています。

※2019年11月26日時点の情報です。

10代から90代までの“人生100年間”を計23本の動画で語る!

2001年より、9年間にわたって「SMBC日興証券株式会社」のブランドパートナーを務めてきたイチロー。「人生100年 イチロー人生すごろく」では、10代から90代までの“人生100年間”をすごろくで表現、少年時代から現役時代の思い出、未来のことなどを独占インタビューしています。

動画の総本数は23本と、かなり豪華。ときに真剣に、ときにユーモアたっぷりに、硬軟織り交ぜながら“ここだけの話”が展開されていきます。

子どもの教育、将来の夢、ビジネス、老後の話…すべての人にとって参考になる内容

このインタビュー動画は、あくまでも“ひとりの人間”としてイチローに語ってもらうのが目的。子どもから大人まで、すべての人にとって“人生のヒント”になるメッセージがギッシリと詰まっています。

たとえば、「#1 親からお小遣い1000円をもらう」では、小学生の頃の思い出話を披露。漫画を含む本を読むのがとにかく苦手で、野球漫画をお小遣いで購入したものの読まずに終わったそう。

そして「#14 事業が成長して自分の会社が株式上場する」の中では、もし社長だったらという質問に対し「厳しさは優しさと捉えることもできるので、わかりやすい優しさはないと思いますよ」と答えたイチロー。

「キレるときはわざとキレるという。そういうのをたまに見せておけば、『うわ~、この社長もキレるんだ』と。それはテクニカルなことですよね。(感情的にキレるのは)それはダメです。それはダメですね」など、“良い叱り方”についての持論も語っています。

「人生100年 イチロー人生すごろく」は、イチローの意外な素顔から名言まで、盛りだくさんの内容。イチローのことがもっと知りたい方はもちろん、人生に迷っている方、悩みごとがある方はぜひチェックしてみてくださいね。