野菜たっぷり温活鍋で冬を乗り切ろう!「しゃぶしゃぶ温野菜」新メニュー登場

まろやかな生姜豆乳だし&にんにくが効いたスパイシーな黒火鍋で、“温活”をしてみませんか?

全国347店舗(2019年12月1日現在)を展開する「しゃぶしゃぶ温野菜」(株式会社レインズインターナショナル)では、2020年1月23日(木)~2020年3月16日(月)までの期間限定で新メニュー「黄金生姜を使った生姜豆乳※だしで北海道つや姫豚とたんしゃぶ食べ放題」と「焦がしにんにくの黒火鍋だしで北海道つや姫豚とたんしゃぶ食べ放題」が提供中。価格はそれぞれ3,680円(税抜)です。

※2020年1月27日時点の情報です。

濃厚でまろやかな豆乳に、黄金生姜がピリリと効いて

寒い冬を元気に過ごすための対策として、体を芯から温める“温活”が注目を集めています。お風呂にじっくり浸かる、服を重ね着するなど“温活”の方法も様々ですが、“温かくて栄養たっぷりの美味しい料理を食べる”のもその一つ。

野菜とお肉が沢山食べられるしゃぶしゃぶ鍋は、まさに“温活”にピッタリのメニューです。

今回登場した新メニューのひとつ「黄金生姜を使った生姜豆乳※だしで北海道つや姫豚とたんしゃぶ食べ放題」は、まろやかで濃厚な豆乳だしに黄金生姜のアクセントがピリリと効いています。生姜には体をあたためる作用があるので、食べると体がポカポカするのを実感できるでしょう。

お好みでさらに刻み生姜を追加することもできるので、その日の気分に合わせて自由に味を調整してみましょう。

生姜豆乳だしを活用した「淡々チーズちょこっと飯」「カルボナーラ風きしめん」

主食としてセットになっている「淡々チーズちょこっと飯」「カルボナーラ風きしめん」は、肉や野菜の旨みが溶け出した「生姜豆乳だし」を最後の1滴まで活用して美味しく。

「淡々チーズちょこっと飯」には、鍋のだしをかけてミートドリア風にアレンジ。鍋の〆として、茹でたきしめん・卵黄を入れて「カルボナーラ風きしめん」を作ることができます。

にんにく&唐辛子が効いた、スパイシーな黒火鍋

「まろやかで優しい味よりも、刺激的でスパイシーな味が好み!」という方には、「焦がしにんにくの黒火鍋だしで北海道つや姫豚とたんしゃぶ食べ放題」がオススメ。

この「黒火鍋」と普通の“火鍋”との違いは、単に辛いだけでなく、コクやシビレ、香ばしさがあること。

焦がしにんにくから作った“黒マー油”、深煎りの黒ゴマ、フライドガーリックをふんだんに使用して、他にはない味に仕上げています。

さらに刺激が欲しい方は、お好みで“食べる花椒”をプラスできます。心地の良いシビレを感じながら、ホットな冬の味覚を満喫しましょう。

「ルーロー飯風ちょこっと飯」に黒火鍋をかけて、「マーラー麺」で〆!

「生姜豆乳だし」と同じく、「黒火鍋」にもピッタリの主食が2種類用意されています!

豚挽き肉・うずらの味玉入りのボリューム満点な「ルーロー飯風ちょこっと飯」は、五香粉の香りが特徴。旨みが凝縮された黒火鍋だしをかけて、さらにスパイシーにアレンジを。

〆には中華麵を投入、「マーラー麺」として最後の一滴まで味わい尽くしてください!

「まろやかVSスパイシー」と、好対照な新メニュー。あなたは、どちらがお好みですか?