発売60周年!丸美屋「のりたま」新TVCMで女優・木村佳乃が親子三代の「思い出リレー」を披露!

発売60周年を迎える丸美屋「のりたま」の新TVCMに、女優の木村佳乃を起用!2020年2月18日(火)より放送中です。

親子三世代で食卓を囲みながら過ごすなかで、ふと思い出させる「のりたま」の歴史。思わずホカホカのご飯が恋しくなる新TVCM「思い出リレー」篇の見どころを早速チェックしてみましょう!

※2020年2月17日時点の情報です。

新TVCM「思い出リレー」篇ストーリー

お母さん役の木村佳乃と、娘役の古川凛が、おばあちゃんと一緒に昼食を楽しんでいます。ご飯にたっぷりの「のりたま」をかける木村に、おばあちゃんが「のりたまが出ると、お父さんの分までご飯食べちゃって!」と懐かしいエピソードを披露します。

「おぼえてな~い!」

ちょっと照れ臭そうな笑顔を浮かべる木村は、娘・古川に「のりたま」を手渡し、「初めてのりたま食べたとき、おかわりしたの誰だっけ?」と顔を覗き込みます。

「おぼえてな~い!」

娘・古川はお母さんに負けない笑顔で食卓を盛り上げます。思い出すのは特別な時間ではなく、いつもいつも食べていたあの味。おばあちゃんも、初めて食べたときの、あの感動を思い出してにっこり。世代の違う3人が、「のりたま」で繋がる幸せなひとときが描かれています。

2児の母・木村の母性溢れる表情と、思わずパクっと食べたくなるふっくらご飯×「のりたま」の美味しそうなシーンをお見逃しなく!

60周年を迎えた「のりたま」が9回目のリニューアル!

「のりたま」が発売されたのは、のりやたまごが贅沢品だった1960年1月。家庭で手軽に味わってもらおうという想いから開発されました。

幅広い世代から支持され続けてきた「のりたま」は、60周年を迎えた2020年、9回目のパッケージ&中身のリニューアル! より美味しくなって、食卓に並びます。シーンに合わせて小袋入りやチャック付き袋、容器入りを使い分けてみてくださいね。

日本の食卓に欠かせない「のりたま」で繋ぐ“思い出リレー”。あなたは「のりたま」を食べるとき、どのようなエピソードを思い出しますか?