旅立ち宣言する白石麻衣に、仲間たちがエール…「アサヒスーパードライ」新TVCM

今年1月7日にアイドルグループ・乃木坂46からの卒業を発表した、白石麻衣。そんな白石に、現メンバーの秋元真夏、新内眞衣、中田花奈がエールを贈る…。

春限定「アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ」の発売にあわせて、「アサヒスーパードライ」(アサヒビール株式会社)の新TVCM「桜の下で、エール篇」が2月12日(水)より放送中です。

出会いと別れの季節にピッタリの美しく感動的なCMに、思わずホロリとしてしまうでしょう。

※2020年2月20日時点の情報です。

「まさか結婚⁉」「結婚…ではないっ!」明るく仲間の門出を祝う友情に感動

「桜の下で、エール篇」は、満開の桜に囲まれた橋の上で、白石が3人を待つシーンからスタート。

やがて3人が到着、「久しぶり~!」「お待たせ!」などと笑顔で挨拶を交わしながら、久々に再会した喜びを爆発させます。

公園の中を歩きながらお花見した後は、桜の下のベンチに仲良く腰掛け、ビールで乾杯。

すると、突然白石が「ハイッ!」と挙手。「えっ、まさか結婚⁉」と驚く3人に、白石は「結婚…ではないっ!来月から、留学しに行ってきます」と“旅立ち宣言”。

「デザインの仕事してるじゃん?もう一度自分を見つめ直しに、行ってきます!」と経緯を語ります。

突然の旅立ち宣言を聞いた仲間たちは、ビールで乾杯し直して、白石の挑戦を笑顔で祝福。

最後は、ダークカラーのキリッとしたスーツに身を包み、颯爽と歩く白石の姿が。真っ直ぐ前を見つめながら「よし!」と気合を入れる姿は、これから待ち受ける明るい未来を予感させます。

息の合った演技を見せた4人!新内の誕生日もみんなで祝福

4人でのCM撮影は今回が初めてでしたが、同じ乃木坂46として活動してきたこともあり、撮影では息の合った演技を見せていたそうです。

旅立ち宣言をした白石に対して仲間がエールを送るシーンでは、スタッフ全員が感動。

CM中では“デザインの仕事をしている女性”を演じていた白石でしたが、乃木坂46からの卒業とリンクしたストーリー設定に、出演者もスタッフも万感の想いが胸に迫ってきたのかもしれません。

撮影後には、1月22日に誕生日を迎えた新内のために全員でハッピーバースデーを歌い、終始和やかな雰囲気に包まれていました。

2011年の乃木坂46結成以来、トップアイドルとして全力で駆け抜けてきた白石。最後まで爽やかな笑顔をキープしたまま旅立つところに、白石らしさがにじみ出ているCMです。