独創性あふれるガジェット&大胆なアクションの融合『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新映像解禁!

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じるシリーズ25作目の新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の最新映像が解禁となりました!(文・赤山恭子)

※2020年2月27日時点の情報です。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新映像解禁

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、「初の金髪ジェームズ・ボンド」として爆発的な人気を得たダニエル・クレイグの5作目の『007』シリーズ。すでに「本作が最後のボンドとなるかもしれない」と各海外メディアで放送されていることも注目を集めており、前作『007 スペクター』から実に5年ぶりとなる最新作です。

諜報部員の現役を退き、ジャマイカで穏やかな生活を満喫していたボンド。しかし、CIA出身の旧友フィリックス・ライターが助けを求めてきたことで、平穏な生活は突如終わってしまいます。 誘拐された科学者を救出するという任務は、いつも通り、想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになっていきます。

このたび解禁された30秒の最新映像は、ジェームズ・ボンドと、コードネーム“00”を2年前から与えられているという女性エージェント・ノーミのやり取りから幕を開けます。「乗ったことは?」と尋ねるボンドに対し、「ないわ」とノーミが返すやいなや、ふたりが乗っている小型のポッドのような機体が、空中へ真っ逆さまに落下する仕掛け!

独創性あふれるガジェットと、大胆なアクションというボンドシリーズならではの映像の融合に、期待値が上がります。

さらに、映像では、「彼女の秘密を知れば、君は死ぬことになる」と恋人マドレーヌがボンドに関わる大きな秘密を抱えていることを示唆する謎めいたセリフがあり、これまでの事件に隠された、さらなる新事実が明らかになることも予想されます。

キャッチコピー「最新作(25作目)がすべてを変える」も、ダニエル版ボンドの集大成であることを示しながら、約50年に渡り続いてきたシリーズの重要な転換点となることについても、込められていそうです。

美しいジャマイカをはじめ、世界各国での壮大なロケ撮影やジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションなども見逃せない映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は4月10日(金)より全国ロードショーです!