きちんと食べて健康的に減量!慈恵医大病院栄養士がおすすめする「足し算ダイエット」とは?

厳しい食事制限をしているのに、なかなか痩せられない方必見!

バランスよくしっかり食べることで無理なく痩せるダイエット法を紹介している「慈恵医大病院栄養士の足し算ダイエット(扶桑社)」(税抜き1,000円)が、2月18日より発売中です。

著者は、東京慈恵会医科大学附属病院栄養部課長の濱裕宣氏と東京慈恵会医科大学附属病院栄養部係長の赤石定典氏。

気になる“足し算ダイエット”とは、果たしてどのようなメソッドなのでしょうか?

※2020年2月27日時点の情報です。

「バナナだけ」の単品ダイエットや極端な糖質制限、置き換えダイエットは逆効果

実は糖質制限や「バナナだけ」などの単品ダイエットをしても、スムーズに痩せることはできないそう。

食事を極端に制限するダイエット法は今まで当たり前のように行われてきましたが、栄養学的には誤った方法だそうです。

摂取カロリーを減らしたり、特定の食品ばかりを食べたりすると、栄養バランスが取れません。

すると体が栄養不足になり、十分なエネルギーを作り出せず、基礎代謝(生命活動を維持するための必要最低限のエネルギー)が低下。

基礎代謝が高い人は、基礎代謝が低い人に比べて、安静にしていても消費するエネルギー量が多くなります。つまり、基礎代謝が高い方が痩せやすいということ。

さらに栄養不足を感じている体は危機感からエネルギーを溜め込もうとするため、結果的に瘦せにくい体質になってしまうのです。

必要な栄養素を足していくのが”足し算”ダイエット

そこで「慈恵医大病院栄養士の足し算ダイエット」で推奨しているのが、必要な栄養素を足していく“足し算ダイエット”というダイエット方法。

栄養学的に正しいダイエット公式は、「栄養バランスを考えて食べる=やせる」。

1.やせる食べ方、2.やせる栄養素、3.やせる食材を使ったレシピの3構成で、“栄養のスペシャリスト”である濱裕宣氏と赤石定典氏がポイントをわかりやすく解説しています。

辛い食事制限とリバウンドを繰り返していた方は、この本を読めばもう苦しむ必要はありません。しっかり食べて、健康的な減量を目指しましょう。

関連記事綺麗を追求したいなら始めたい…スマホでできる美容力アップ法
聞くだけで寝落ち!? 脳がゾワゾワするASMRが楽しめるリラクゼーションアプリ「cocorus」
ARインストラクターが登場するフィットネスアプリ「WEBGYM」

参考:やせないワケは糖質でもカロリーでもなく、栄養不足! 慈恵医大病院栄養士のちゃんと食べる足し算ダイエット (扶桑社ムック)