Special Interview市原隼人

俳優の市原隼人さんが、1980年代の中学校を舞台にした学園グルメコメディ『劇場版 おいしい給食 Final Battle』に出演、3月6日(金)より全国公開されます。

本作は、2019年10月にテレビドラマとして放送された『おいしい給食』の劇場版。市原さん演じる、給食を愛しすぎている教師・甘利田幸男が、学校から給食がなくなるという危機に直面し、給食を守るため給食バトルに打って出る物語です。

nexiでは、市原さんにグルメコメディにチャレンジした手ごたえや、現場を愛する所以、さらには気になる市原さんのスマホライフまでお話いただきました!

※2020年3月6日時点の情報です。

「ものづくりは、みんなが作りたいから作っているものでなければいけない」

ドラマの放送が終わり、いよいよ劇場版が公開されます。反響など、どのように受け止めていますか?

SNSなどでも、僕を真似してノリノリで歌っている子供の様子とかをアップしているのを見かけてうれしかったです。すごく多くの声をいただいて、正直、驚きと同時に、作品を作ることの醍醐味をひしひしと感じています。「このためにやってきて本当によかった」と思っています。

『おいしい給食』は一見ポップでいながら、給食についてのいろいろな学びも入っているので、親子でも楽しんで観ていただけます。笑いあり、キュートなかわいらしさあり、愛くるしさもありながら、しっかりと核心を突くような作品になればと思っていたので、まさに、その型にはまるような作品になれたことを、うれしく思っています。

©2020「おいしい給食」製作委員会

演じられた甘利田幸男はかなり濃い人物像ですが、オファーを受けたときはどういう思いでしたか?

初めて台本をいただいたときのことを、今でも鮮明に覚えています。新幹線の中で初めて読みました。見た瞬間に「あ、面白いな」と思いつつ、同時に「これは難しいな」とも思って、一瞬戸惑ったんです。「これ、やっていいのかな?」と思った次の瞬間にはすごくワクワクしてきて、オリジナルということもあり、すごく挑戦していける作品になると思い、出演を決めていました。

ドラマと変わり、劇場版では、どんな工夫やアレンジをして取り組んでいかれたんでしょうか?

劇場版の撮影に入る前に、「もうひとつ劇場版のギアを入れますね」と綾部監督にお伝えしました。「何でも言ってください。できなくても、カットされても、使えなくてもいいから、何か挑戦してみましょう」と監督に伝えられる、そんな素敵な環境だったと思います。

撮影場所は埼玉だったんですけど、埼玉に行くまで、ちょうど2時間弱ぐらいかかるんですね。その間は「今日は何をしよう、どうしようかな」と思いを馳せていました。その時間がすごく楽しかったですし、苦しくもあったんです。というのは、ドラマのほうでもかなりいろいろやっていたので、「あと、何をすればいいんだろう!?」と頭を悩ませました。こんなにカロリーを使う撮影になると、当初は思っていなかったので。

劇場版では、さらに進化する甘利田の姿を拝めますよね。

ラマーズ法とかをやってみたものの、どこから生まれたかは全然覚えていないんです。給食を見られた恥ずかしさを抑えようとしたら、自然と出ていました。足をぴーんと上げる格好も、自分で勝手にやり出しましたし、直立不動のまま倒れるのも、自分で勝手にやりました。

その場のアドリブ、ご自身の演技プランが活かされている現場だったんですね。

そうですね、それを尊重してくださった監督だったので、すごくうれしかったです。ドラマ版を見返していただけたらわかるんですけど、1話では、まだちょっと抑えめでやっているんですよ。だんだん楽しくなってきて、どんどん止まらなくなってきちゃって。

特にシリーズで作品を観ていると、毎回楽しみにするところがあるじゃないですか。「あの作品のあそこが好きなんだ」という場所になればいいな、と思っていたんです。だから、毎回ちょっと違う感じを出したり、やめたり、オーバーにしたり、変化をつけて演じていました。

市原さんの熱演や綾部監督との息の合った感じは、現場にもいい影響をもたらしたのではないですか?

この作品では生徒たちとのシーンも多いので、シーンを作り上げる前に、生徒たちに対して、「この時間を無駄にしないでほしい」、「何か成長する場として参加してほしい」、「物事を作って、誰かに観ていただく喜びを感じてほしい」と思っていました。

これだけ一生懸命いろいろな役者やスタッフさんたちが努力しているところも見てほしかったですし、その中に入ってほしいと思っていたので、「じゃあ、次はこういうことを練習してみよう」とみんなで校歌を練習したり、芝居の練習をしたりしていましたね。みんなで丁寧に、ひとつひとつ作り上げられている様子を見ていたら、本当に涙が出るほど微笑ましくて。より作品を好きになりました。

©2020「おいしい給食」製作委員会

市原さんはキャリアが長いので、かつてはご自身が生徒役だったときもありましたよね。こうして今、生徒さんに向けてやってあげていることは、かつて自分が生徒役だったときに何かしてもらったから、という思いもあったりしますか?

あると思います。デビューのときは、本当にいろいろな方たちに可愛がっていただいて、現場でもずーっと遊んでもらって、現場が終わったらごはんも連れて行ってもらって、ごはんが終わったら温泉まで連れて行っていただいたりして…家族のようにスタッフさんとずっと一緒にいたので、すごく現場が好きになったんです。

「家族で作る感覚」というのが、自分の中でずっと残っているんですよ。10代で役者を始めたとき、現場に行きたくてたまらなかったので、今回の生徒たちも楽しんで現場に来たくなる、その先に『おいしい給食』の現場があってほしいと思っていました。そうなるように心がけていたつもりです。

ものづくりって、やらされているわけじゃなくて、みんなが作りたいから作っているものが映画でなければいけないと思うんです。自分から何か提案したり、やりたいことを試してみる場所であってほしいと思っています。その感覚が今も変わらなくて、みんなで作り上げていくからこそ、お互いがお互いを土台にして、より総合エンターテインメントとして作る喜びを持って、お客様に楽しんでいただけると思っています。

ありがとうございました。ここからは市原さんのスマホライフについても教えてください。よく使うアプリやWEBサービスはありますか?

写真を撮っているので、「Lightroom」(※写真編集ソフト)です。家のものと何台かのパソコンと全部共有しているので、「Lightroom」に入れておけばすぐ見られるし、早いんですよ。

アプリだと、インスタもよく見ます。ごはんを作るのが好きなので、10代から「クックパッド」を使っています。

LINEでよく使うアプリ、スタンプはありますか?

スティッチですね!(スマホを見て)あ、スティッチしか使っていないです(笑)。

LINEは、まめに返信するほうですか?

見て返せる時は返します。すごい量がくるので、返すタイミングを失うことが多いですが…。

待ち受け画像は何ですか?

ずっと自分が撮った写真の花にしていたんですが、ニューヨークで撮った写真に変えました。

最後に、「こんなアプリやWEBサービスがあったらいいな」と思うものはありますか?

今一番注目の電化製品とかを教えてくれたり、出てきたりするアプリがほしいです。電化製品も大好きなので、すぐ買いに行っちゃうと思います。

Profile

いちはら・はやと
1987年2月6日生まれ。神奈川県出身。2001年、岩井俊二監督の映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演デビューを飾る。2004年には『偶然にも最悪な少年』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。近年の主な作品には『無限の住人』、『空母いぶき』、『3人の信長』、『喝 風太郎!!』などがある。近年は映像監督・写真家としても活動を行い、多方面でマルチな才能を発揮している。

Information

『劇場版 おいしい給食 Final Battle』

監督:綾部真弥
出演:市原隼人 武田玲奈 佐藤大志 豊嶋花 辻本達規 水野勝 直江喜一 ドロンズ石本 いとうまい子 酒向芳 ほか

3月6日(金)より全国ロードショー

Story

1984年。給食マニアの教師・甘利田幸男に衝撃が。なんと、学校から給食がなくなるというのだ。「どちらが、よりおいしく給食を食べるか」という超絶給食バトルを甘利田と繰り広げている生徒の神野ゴウは、「給食革命」を目指し、生徒会選挙に出馬すると高らかに宣言。そんな2人を見守る新人教師の御園ひとみの心労は果てしない。給食一筋ウン十年、甘利田は愛する給食を守るため、史上最大の給食バトルに打ってでる。

撮影:稲澤朝博、取材、文:赤山恭子

サイン入り写真プレゼント

市原隼人さんサイン入り写真を
1名様にプレゼント!

応募方法

以下のメールアドレスまでご応募ください。

応募用メールアドレス

nexistyle@nexi.jp

メールの件名は「市原隼人サイン入り写真プレゼント」とし、メール本文にクイズの答えのみを記入し、お送りください。(応募時にはお名前、ご住所、お電話番号等の情報は記入不要です。)

■ 応募用クイズ
『劇場版 おいしい給食 Final Battle』で市原隼人さんが演じる役の名前(フルネーム)は?(5文字)

応募締切

2020年4月3日(金)23時59分

当選発表

2020年4月10日(金)

厳正なる抽選の上、当選者の方にはメールにてご連絡させて頂きます。 またご連絡の際に、発送に必要なお届け先情報を別途、お伺いしますので当選メール内に記載される期限までにご回答ください。

※迷惑メール防止などでメールの受信設定をされている場合は、nexiSTYLEからの当選メールが届きません。「@nexi.jp」からのメールが受信できるように設定を行ってください。

注意事項

※応募は1アドレスにつき1回までとなります。
※抽選結果に関するお問合せにはお答えできませんので、予めご了承ください。
※ご応募いただきましたメールアドレスは、当選のご連絡のみに使用させていたします。抽選後は速やかに消去いたします。
※当選した権利およびお受け取りになった賞品は第三者へ譲渡できません。オークションへの出品・営利目的での転売等が発覚した場合は、賞品をご返却いただくことがあります。