汗かいたら派・柳楽VS.快楽派・真剣佑!「ギャッツビー ペーパーシリーズ」新CM

汗をかいた時のみ使用する?それとも、気持ち良くなりたい時はいつでも使用する……⁉

汗拭きシートを巡る男たちの熱い戦いをコミカルに描いた、「ギャッツビー ペーパーシリーズ 汗かいたら派VS快楽派篇」が現在全国放送中です。

汗かいたら派代表・柳楽優弥と快楽派率いる新田真剣佑、あなたはどちらに共感しますか?

※2020年3月27日時点の情報です。

「いつ使ったっていいだろ!」快楽派・真剣佑の新しい主張に啞然とする柳楽

とある一室、「やっぱ汗かいたらギャッツビーだなあ!」「イエーイ!」と談笑しながら満足気に汗拭きシートを使用する“汗かいたら派”のメンバーたち。

するとそこへ現れたのが、白づくめの“快楽派”軍団。「汗だけじゃ、ねえだろ」「いつ使ったっていいだろ、リフレッシュしたいときで」という新田の主張に、衝撃を隠し切れない柳楽。

所かまわずウットリとした表情でリフレッシュする快楽派の様子を見て、柳楽は「何をしている?」と啞然とするのでした。

 

リハーサル中、新田が柳楽の汗を優しく拭ってあげる場面も

柳楽と新田が睨み合いながら顔をギリギリまで近づけるシーンのリハーサルでは、新田が「額に汗、にじみ出ちゃってる(笑)」と言いながら柳楽の額を優しく拭いてあげるアドリブが。現場は爆笑が巻き起こっていたそうです。

今回2派のメンバーとして出演したキャストは、アメリカ・フランス・ロシア・ギリシャ・カメルーン・ネパールなど多国籍で構成。アメリカ生まれの新田は、その優れた語学力を活かし、現場でリーダーシップを発揮していました。

お気に入りのリフレッシュ法は、新田「お風呂」柳楽「好きな香りのコロン」

今回のCMの見どころについて、「今回も色々な国の方々と共演できて、とても楽しかったです。映画『SNATCH』のような世界観に心躍りました」と柳楽。

自分自身を“○○派”で表現するなら?という質問に対しては、「アナログ派(柳楽)」「お肉料理が好きなので肉派ですね(新田)」。それぞれの性格が滲み出る回答となりました。

今回の商品テーマでもあるリフレッシュ。二人にもお気に入りのリフレッシュ方法があるようで、柳楽は「好きな香りのコロンをかけて、リフレッシュしています」、そして新田は「お風呂に入ったり、汗をかいたりしてリフレッシュします」と明かしました。

汗をかいていなくても使ってもいいんだ!と目からウロコが落ちた方もいらっしゃるかもしれません。汗拭きシートの自由な使い方、早速真似してみてはいかがでしょうか?