【第8回】相手の声が聞こえない

スマートフォンの電話で話していると、相手の声が聞き取りにくいことがあります。また、相手から「声が聞こえない」と言われることもあります。今回は、電話の声が聞きづらい、または自分の声が聞こえないと言われたときにどうすればいいかについて解説します。

※2021年2月10日時点の情報です。

登場人物

スマ子
ガラケーからスマホに変えたばかりで、どうやって使うのかよくわからない。まず基本操作を覚えたいと思っている。
ケイ太
スマ子の息子。
普段からよくスマホを使っていて、操作に慣れている。母のスマホデビューを応援している。

相手の声が聞こえない

もしもし、ケイ太?

もしもし、母さん?
僕だよ。どうしたの?

あれ、ケイ太の声、よく聞こえないわ……。
もしもし、もしもし?

僕の声、聞こえないの?
もうすぐ帰るから、待っていて。

<電話を切る>

ケイ太、お帰り!
さっき電話したとき、ケイ太の声が聞こえなかったわ。

じゃ、ちょっと母さんのスマホ貸してくれる?

はい、どうぞ。

iPhone 12の場合、ボリュームボタンはここにあるんだ。
この上のボタンを押すと音量が上がり、下のボタンを押すと音量が下がるんだよ。
試しに、これから電話してみるから、声を聞きながら音量を調節してみて。

ありがとう。じゃ、電話かけてみてくれる?

かけたよ。もしもーし。どう?声きこえる?

聞こえにくいから、音量を上げてみるわね……あ、聞きやすくなった!
これなら大丈夫、ありがとう!

よかった。
ところで、母さんの声が聞き取りにくいんだけど……

そう?
そういえば、この前友だちにも言われたわ。なんでだろう?

ちょっとこっちむいて話してみて……ああ、そっか。
母さん、手でマイクをふさいでしまっているんだよ。

マイクって、どこにあるの?

ここだよ。

そっか!
ここはマイクだから、開けておかなくてはいけないのね。

そうそう。あと、ちょっとスマホが遠すぎる気もするよ。もう少し口元に近づけて話してみたら?

やってみるわね。もしもし、もしもし?

OK!
今度はよく聞こえるよ。

よかった!

もっとよく聞こえるようにしたいのであれば、イヤフォンを使うという方法もあるよ。

イヤフォン、まだ持っていないんだけど、あったほうがいいのかな。

あったほうがいいと思うよ。

たしかiPhoneの場合、普通に売っているイヤフォンは使えないのよね?

そうだね。イヤフォンを差し込むジャックの形が違うから、普通のイヤフォンは使えないんだよ。
iPhone専用の「EarPods」か、Bluetoothのワイヤレスイヤフォンを使うかしかないね。

Bluetoothってなに?
わからないわ……。

そうだよね。Bluetoothについては、また今度説明するよ。
僕が前に使っていたiPhoneに付属していたEarPodsが余っているから、それを母さんにあげるよ。使ってみて。

ありがとう!
これ、どこに入れればいいの?

いつもiPhoneを充電している穴があるでしょ。そこに入れるんだよ。

じゃ、早速やってみよう……あ、よく聞こえる!

よかった!
イヤフォンを使えば音が聞きやすくなるから、周囲の雑音がうるさくて相手の声が聞こえないようなときも使ってみるといいよ。

ありがとう!そうしてみるわね。

まとめ

相手の声が聞こえづらい、相手に聞こえづらいと言われた時の対処は以下のとおりです。

・スマホの横にある上下のボタンで相手の声の音量調整ができる。
・通話時は、自分の声が届くようにマイク部分をふさがないようにスマホを持つ。
・イヤホンを使えば相手の声が聞きとりやすい。

バックナンバー

【第7回】勝手に電話をかけていた