支払いがスムーズに!LINE Payを使って「割り勘」をする方法

お店へ入ってQRコードを見せるだけで支払いができて、オンラインショッピングでの支払いにも使えるスマホ決済サービス「LINE Pay」。実は、食事へ行ったり飲み会を開いたりした際に「割り勘」を行える機能があるのはご存じでしたか?それぞれがお財布を開いて小銭を出す必要もなく、ひとりひとりが支払う金額の計算や集金がスムーズにできます。メンバーごとに傾斜を付けて金額を設定することも、現金で支払ってもらうこともできるので、プライベートでもビジネスでも大活躍です。

※2021年2月19日時点の情報です。
※画面は機種やアプリのバージョンで異なる場合があります。

まずは「グループ」を作る

1.LINE Payの「割り勘機能」を使うためには、最初に「グループ」を設定する必要があります。LINEの【ホーム】画面の右下にある【ウォレット】の文字とアイコンを指先で軽く触れます(この動作を「タップ」と呼びます)。

「ウォレット」画面の上部にある【LINE Pay】のロゴと金額(「○○円」)をタップすると、【LINE Pay】の画面が出ます。

画面を下へスクロール(指先で画面に触れて動かす動作)し、「便利な機能」の下にある【割り勘】をタップします。

「割り勘をリクエスト」という画面が表示されたら【割り勘】のボタンをタップします。

文字を入力する画面が表示されます。ここに、グループの名前を入力します。参加しているメンバー全員が分かる名前であれば何でもかまいません。グループの名前を入れたら、すぐ下にある【QRコードを作成】をタップします。

割り勘するグループ専用のQRコードが表示されます。ここで表示されるQRコードは他の飲み会では使用できず、流用などもできない1回限りのものです。

参加者が自分の割り勘分の額を支払う

割り勘するグループ専用のQRコードが表示されたら、参加しているメンバー全員が自分のスマホに付いているカメラやバーコードリーダーなどでQRコードを読み取ります。幹事が読み取る必要はありません。

QRコードを読み取ると、「(設定したグループ名)の割り勘をリクエストされました。参加しますか?」という画面が表示されます。支払い方法を選択して、「割り勘に参加」をタップします。支払い方法は「LINE Pay」か「現金」のいずれかを選択できます。

「LINE Pay」での支払いは、銀行口座を登録して、本人確認手続きができている人だけが選択できます。「LINE Pay」を普段使っていない人は「現金」での支払いのみ選択できます。

グループのメンバー全員が「割り勘に参加」したら、幹事は【お支払い】をタップ。いったんはまとめた額でお店への支払いを済ませます。支払い方法はLINE Payのほか「コード支払い」「LINE Payカード」が選択できます。「LINE Payボーナス」は利用できません。

お店へのお支払いが済んだら「支払い完了」の通知がLINEで届きます。その通知の下にある【詳細を確認】ボタンをタップします。ここで、ひとりだけ多く支払う、××さんは少ない額にする、など割り勘に参加したメンバーそれぞれの支払い額を調整します。
※割り切れない額は自動で切り上げた額に調整されます。切り上げた分は幹事が受け取ることになります。

金額を調整したら、幹事は【割り勘をリクエスト】をタップ。割り勘に参加しているメンバーがそれぞれの額を指定した方法で幹事に支払ったら、割り勘は完了です。
誰がいくら支払ったか・支払っていないかは、幹事の「割り勘」画面で確認できます。

小銭のやりとりや端数の計算など、手間のかかる作業はLINEに任せて、思い切り食事を楽しみましょう!