【簡単に使える!】スマホ時代はイヤホンも新しく。ワイヤレスイヤホン「MEES」の魅力

スマートフォンの進化が進むとともに、だんだん見かけなくなってきたのが、イヤホンを差し込むためのイヤホンジャック。それに伴い、最新のイヤホンは無線で機器同士をつなぐワイヤレスタイプが登場しています。ワイヤレスイヤホンは有線のイヤホンに比べて使用する場面を選ばないので自由度が高く、運動が趣味の方やテレワークをしている方にも人気なのだとか。今回はそんなワイヤレスイヤホンのなかでも、高機能ながらお手頃な価格で注目を集める「MEES Audio T1s」の魅力をご紹介していきます。

※2021年2月19日時点の情報です。

「MEES Audio T1s」の魅力

今回ご紹介する「MEES Audio T1s」は国内大手オーディオメーカーの企画開発を手掛けてきた「MEES」という一流メーカーのもの。音質はもちろん、操作性にも優れたお値段以上の品質が望めるイヤホンです。

1:ハイレゾ並の高音質

ハイレゾとはこれまでの音源では収録できなかった音の領域まで感じられる音声データのこと。つまり、より生に近い品質の音源ということです。「MEES Audio T1s」では、グラフェンという特殊な素材を用いることで、ハイレゾ並の高音質を再現しています。

2:簡単・便利で優れた操作性

ワイヤレスイヤホンの場合、有線とは異なりスマートフォンとの接続に設定が必要ですが、実は思っているより設定は簡単なのです。一度設定すれば、イヤホンを取り出すだけで自動的にスマートフォンと接続してくれます。後ほどご紹介しますが、もちろん最初の設定も短時間で行えます。充電も最大30時間、通信範囲も広く、さらに幅広い場面で使うことができます。

3:音声通話にも最適

ワイヤレスイヤホンなら手にスマートフォンや受話器を持たなくても通話できるので電話もらくらく。家事や運動をしながらでも電話が掛けられます。

実際に使ってみました!「MEES Audio T1s」レビュー

ここからは「MEES Audio T1s」の実際の接続方法や使用感について、筆者の体験を交えてご紹介します。

接続方法

開封すると、付属品が入った箱に接続方法の記載があります。接続に必要な作業はたったの3ステップ。

1.ケースを開け、イヤホンを取り出します。
2.お使いのスマートフォンの設定画面からBluetooth接続設定を開き、「T1S」を選択。
3.イヤホンから「コネクテッド」と聞こえたら接続完了です。

その後はスマートフォンのBluetooth機能がオンになっていれば、イヤホンを取り出すだけで自動的に接続ができるようになります。

通話機能

こちらもイヤホンをタップするだけで通話を受けたり、切ったりすることが可能です。音声も、スマートフォンから離れても相手に問題なく伝わっているようでした。もちろん音質もクリア。
ただし、周りの音がかなり聞こえなくなるので、屋外などで使う場合は片耳だけにするなど、安全な状態で使用するようにしたほうがよいでしょう。
※個人の感想です。

音楽再生

YouTubeや音楽配信サイトを起動し、再生するだけでイヤホンから音楽を楽しめるのはもちろん、従来よりも高音域が特にクリアに聞こえるように感じました。また、周りの雑音が気にならず、より音楽を集中して楽しめたように思います。
音楽の再生・停止、ボリュームアップもスマートフォンを触らずにイヤホンだけで操作ができ、スマートフォンから離れているときでもストレスなく楽しめます。
※個人の感想です。

実際に利用してみると、装着感もよく、軽く動いても落としてしまう心配はなさそうです。スマートフォンから離れても音質に影響はないようなので、有線では体験できない自由度が楽しめそう。スマートフォンを新しくするとともに、イヤホンも新しくしてみてはいかがでしょうか?