【第11回】iPhoneとAndroidってどこが違う?

スマートフォンには、大きく分けてiPhoneとAndroidの2つがあります。見た目や操作方法はよく似ていますが、違うところもあります。今回は、iPhoneとAndroidを比較し、似ているところと違うところについて説明します。

※2021年3月11日時点の情報です。

登場人物

スマ子
ガラケーからスマホに変えたばかりで、どうやって使うのかよくわからない。まず基本操作を覚えたいと思っている。
ケイ太
スマ子の息子。
普段からよくスマホを使っていて、操作に慣れている。母のスマホデビューを応援している。

iPhoneとAndroidってどこが違う?

友達が便利そうなアプリを使っていたの。私も使ってみたいな。

なんというアプリ? ちょっと探してみるね……。
ああ、これAndroidのアプリだから、母さんのスマートフォンでは使えないよ。

Androidってなに?

スマートフォンの種類の名前。
スマートフォンには、大きくわけてiPhoneとAndroidという2つの種類があって、母さんのスマートフォンはiPhoneなんだよ。

どこで見分けるの?

最近はどれもよく似ているからわかりにくいよね。
母さんのスマートフォンを裏返してみると、リンゴのマークがあるでしょう?
それがiPhoneのマークなんだよ。

Androidのスマートフォンにはなんのマークがついているの?

特に決まっていないんだ。メーカーの名前が書かれていることもあるけど、見えないこともあるから、背面のリンゴマークで見分けるのがわかりやすいと思うよ。

Androidスマートフォンの「AQUOS sense5G(シャープ)」背面に名前が書かれている。
iPhone 12。背面にリンゴのマークが書かれている。

iPhoneだと、Androidのアプリは使えないの?

そうだね。アプリによってはiPhone用アプリとAndroid用アプリの両方を出していることもあるけど、どちらかひとつしかない場合もあるから、アプリストアで検索して探してみるといいよ。

わかったわ。
ほかに違うところはある?

iPhoneはアップルから発売されているので、どの機種でも作りはほとんど同じなんだけど、Androidはさまざまなメーカーから発売されているから、ボタンの位置や機能などが違うこともあるんだよ。

そうなのね。でも操作方法はどうなの?
たとえばアプリを開くときとか、画面を大きくするときとか……iPhoneとAndroidでやり方が違っていたりするの?

それはだいたいどれも同じ。
開くときは指でタッチすればいいし、画面を大きくするときは指を二本置いて拡大する操作をすればいいよ。

じゃ、私は今iPhoneを使っているけれど、新しいスマホに買い換えるときにAndroidにしても大丈夫ってこと?

そうだね、操作がわからないということはないと思うよ。
ただ、iPhoneで使っていたアプリがAndroidにない場合もあるから、そこは気をつけたほうがいいね。
それと、古いiPhoneから新しいiPhoneに変える場合、これまでのデータはiCloudにバックアップされるから、なにもしなくても同じように使えるけれど、Androidに変えるとバックアップデータをそのまま引き継げないから、少し大変かもしれないよ。

バックアップデータって、どういうもの?

たとえば連絡先に登録されている友達の電話番号とか、iPhoneで撮った写真とかね。
少し工夫すればそのデータをAndroidに移すこともできるんだけど、ちょっと難しい作業になるかもしれないね。

なるほどね。
じゃ、Androidに変えたいときは、ケイ太に相談してやってもらえばいいのね。

やっぱりそうなるか……。

まとめ

iPhoneとAndroidの違いは、以下のとおりです。

・スマートフォンの背面にリンゴのマークがあるのがiPhone
・iPhone用アプリとAndroid用アプリがあり、iPhoneでAndroid用アプリは使用できない
・iPhoneはアップル社から発売。Androidスマートフォンは様々なメーカーから発売されている
・iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneへの機種変更には、少々、手間がかかる場合がある

バックナンバー

【第10回】通知を見られたくない!