【第19回】LINEの便利な機能を使う

前回は「LINE」を使ったメッセージのやりとりと、写真やスタンプの送り方について覚えました。今回は、写真を送る前に明るくきれいに加工する方法と、LINE電話をかける方法について説明します。

※2021年4月23日時点の情報です。

登場人物

スマ子
ガラケーからスマホに変えたばかりで、どうやって使うのかよくわからない。まず基本操作を覚えたいと思っている。
ケイ太
スマ子の息子。
普段からよくスマホを使っていて、操作に慣れている。母のスマホデビューを応援している。

LINEの便利な機能を使う

LINEで写真をもっと送りたいな。でも、あんまりきれいな写真がないのよね。部屋の中で撮ったから、少し暗くなってしまって。

LINEには、写真を明るく加工する機能もついているんだよ。それを使って加工してみたら?

そうなの?
ぜひ知りたいわ。教えて!

じゃ、送りたい写真を選んでみて。選んだあと、もう一度タッチすると、加工画面が開くよ。

やってみるわね……開いたわ。この画面であっている?

写真を選んで、もう一度タッチすると編集画面が開く

そうそう。その右にあるボタンにタッチすると、いろいろできるんだよ。
たとえば、一番上のマークは、写真を切り抜きたいときに使うマーク。その下は、写真にスタンプをつけたいときのマーク。その下は、写真に文字を入れたいときに使うマーク。

そうそう! 時々写真にメッセージを書きこんで送ってくる人がいるわよね。
どうやっているのかなと思っていたんだけど、これを使えばできるのね。

そうだよ。その下にあるのは手描きで絵や文字を書きたいときに使うマーク。その下にあるのは、写真の一部をぼかしたいときに使うマークだよ。
で、母さんは写真を明るくしたいんだよね。そういうときは、下から2つめのマークにタッチするんだよ。

これね。やってみよう……画面の下になにか出てきたわ。これはなに?

下から2番目のマークにタッチし、画面下に出てきたメニューから好きな加工パターンを選択

これは、加工パターンだよ。「Clear」や「Youth」など、いろいろ並んでいるね。
気になるものがあれば、タッチしてみて。そのたびに上に表示されている写真が変わるよ。

「Youth」にタッチしてみよう。
あ、明るくなったわ! これにしよう。

それじゃ、右上にある「完了」にタッチして。画面右下にまた青い紙飛行機マークがでてくるから、それにタッチすると写真が送信されるよ。

青い紙飛行機マークにタッチすると、相手に写真が送られる

きれいな写真が送れてよかったわ。
ところで、今から撮影する写真を送るためにはどうすればいいの? 一度カメラで撮影し、LINEを開いて写真を送ればいいの?

それはちょっと面倒だから、LINEのカメラを使って撮影し、そのまま送れば?
LINEの入力スペース左にあるカメラマークにタッチすればカメラが開くから、そのカメラで撮ればいいよ。

入力スペース左にあるカメラマークにタッチすると、LINEのカメラが開く。
中央にある○マークにタッチすればシャッターが切れる

そのほうが簡単ね。じゃ、そうしようっと。
あと、もう1つだけ教えて。友だちが、LINEでも電話がかけられるっていうんだけど、ほんと?

ほんとだよ。LINEには、音声で通話する機能と、カメラで顔を見ながら通話する機能がついているんだ。

それ使ってみたいんだけど、どうすればいいの?

じゃ、やってみよう。
LINEのトーク画面から話したい相手を選び、トーク画面の右上にある電話のマークにタッチしてみて。

タッチしたら、下に電話のマークとビデオのマークが表示されたわ。

そうそう。左が音声で話す音声通話機能で、右が顔を見ながら通話するビデオ通話機能なんだ。
どちらでも話せるけど、どっちにする?

右上にある電話マークにタッチすると、LINE電話で話しをすることができる

顔を出したくないから、音声通話にしよう。

では、左の「音声通話」にタッチしてみて。

こんな画面になったわよ。もう電話できているの?

そうそう。相手の人が電話に出てくれたんだよ。話をしてみて。

もしもし……あ、話せた!
ありがとう。電話を切るときはどうするの?

画面下にある×マークにタッチすればいいんだよ。

なるほどね。これでLINE電話も使えるようになったわ!

まとめ

LINEの便利な機能は、以下のとおりです。

・写真を選んでタッチすると編集画面が開き加工することができる
・LINEのカメラ機能を使えば、撮影したらそのまま送ることができる
・LINEには音声通話とビデオ通話(顔を見ながらの通話)の機能がある

バックナンバー

【第18回】LINEを使ってメッセージを送る