長時間のバスタイムはスマホで充実! お風呂で利用する際に気をつけることは?

体の汚れを落とすとともに、疲れを癒してくれる入浴。冷え性対策やダイエットを目的に長時間入浴する人も多いでしょう。ゆっくりくつろげることで体も心もリラックスします。しかし、長時間のお風呂はちょっと退屈に感じませんか? そんなときにはスマホを持ち込んで暇つぶししてみましょう。

※2019年4月12日時点の情報です。

スマホをお風呂で使うときに注意すること

防水ではないスマホは、必ずチャック付きの透明ポリ袋などに入れて使うようにしましょう。防水対応していたとしても、お風呂での使用が推奨されているわけではありません。お湯に浸かって沈んでしまえば、故障する可能性もあります。

スマホをチャック付きのポリ袋に入れるときには袋をしっかり閉じるようにしましょう。ポリ袋に入れて使用する場合も自己責任です。より慎重になるのであれば、スマホ用防水ポーチを使いましょう。防水ポーチはスイミングやウィンタースポーツでの使用にも適しています。お風呂で利用するのであれば、装着やロックが簡単なものを選ぶようにしましょう。

お風呂でスマホを使って何をする?

スマホを使ってできることは星の数ほどあります。そのなかでも特に多くの人が利用しているのが情報収集ネットサーフィンでしょう。半身浴などで長時間入浴する場合でも、ネットサーフィンをしていればあっという間という人も多いはずです。

暇つぶしの王道としてはゲームアプリもあるでしょう。ただし、タッチパネルを使ったパズルゲームやタッチの正確性が求められるようなゲームはタッチの感度が間に合わないこともあります。熱中しすぎてスマホ本体をお湯に落とさないよう注意しましょう。

またスマホを使えばYouTubeやテレビを視聴することもできます。話題のドラマやバラエティ番組などネット配信されているものは事前にダウンロードしておき、お風呂でまとめて視聴してもいいでしょう。YouTubeを利用して音楽を聴いたり、英語の勉強をしたりとさまざまな活用法もあります。

スマホがあれば、バスタイムを楽しく効率よく過ごすことができます。自分にあった使い方でお風呂を楽しくアレンジしましょう。