使わなくなったスマホ、どうしてる? カーナビや防犯対策などに活用する方法教えます

使わなくなったスマホを眠らせてはいませんか? 機種変更した後、古いスマホは引き出しにしまったり、処分したりする方が多いのではないでしょうか。使わなくなったスマホを有効に活用する方法をご紹介します。

※2019年4月15日時点の情報です。

音楽プレーヤーとして再利用する

使わなくなったスマホを再利用する目的は、バッテリーの消耗を抑えるためです。古いスマホは音楽プレーヤーとして使えます。音楽再生アプリ以外のアプリは削除して、音楽プレーヤー専用にしましょう。防水タイプのスマホであれば、お風呂に持ち込むことも可能です。Bluetoothのスピーカーとペアリングすると、室内での楽しみ方が広がります。また、ワンセグや動画視聴専用にするのも賢い活用方法です。動画はバッテリーを消耗させるので、スマホを長持ちさせる意味でも有効な使い方になります。

ゲーム機や電子書籍リーダーとして

Wi-Fi環境のもとオフラインでも使えるゲームアプリをインストールして、ゲーム機として使うのも良いでしょう。バッテリーの消耗を防ぐだけでなく、市販のゲーム機より軽量で持ち運びやすいというメリットもあります。また画面が大きめのスマホであれば、電子書籍リーダーとして再利用もできます。電車での移動中など、わずかな暇つぶしに便利なアイテムになります。

カーナビや防犯対策に

使わなくなったスマホの活用法はこれだけではありません。車をお持ちの方であれば、ドライブレコーダーやカーナビとして使うこともできます。専用のアプリをインストールすれば、お金をほとんどかけずに設置できるのでおすすめです。無料のドライブレコーダーアプリや、オフラインでも使用できるカーナビアプリなどもありますので、ぜひとも活用してみてください。

お子さんがいるご家庭であれば、防犯対策として持たせておくと安心です。使わなくなったスマホはWi-Fi環境がなくても、位置情報の取得ができるからです。移動経路を記録するアプリを使えば、お子さんが現在どこにいるのかがすぐに確認できます。またWi-Fi環境は必要になりますが、IP電話アプリをインストールしておくと、アプリの月額使用料+通話料だけで050から始まる電話番号を持てるようになります。050同士は基本的に通話が無料になるので、古いスマホをお子さんに持たせておくのも賢い活用法の一つです。

使わなくなった古いスマホはそのまま放置せず、ぜひ有効活用していきましょう。音楽や動画再生専用として使ったり、電子書籍リーダーやゲーム機として利用したりすれば、今よりもっと手軽に娯楽を楽しめます。ドライブレコーダーやカーナビとして車に常備したり、防犯対策としてお子さんに持たせたりするのもおすすめです。