Special Interview山本舞香

7月19日公開の映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」に出演している山本舞香さん。

空手の黒帯が存分に活かされた超絶アクションで観客を魅了する彼女に、主演の窪田正孝さん、敵役の松田翔太さんへの思いなどを伺いました。さっぱりキッパリ男前で潔い山本さんの、ちょっぴり気分屋なスマホライフについても!

※2019年06月20日時点の情報です。

窪田さんはすごいレベルの表現力でした

山本さんが「東京喰種 トーキョーグール【S】」で演じられたトーカについて教えてください。

人間界にいる、人を喰らわないと生きられない【喰種】です。でも、人間を食べていることと、赫子(かぐね/喰種が捕食や戦闘の際に使用する器官)があるだけで見た目は人間と変わらないから、【喰種】であることよりも、“ツンデレちゃん”な感じを意識して演じました。

役づくりはどのように?

トーカが【喰種】であることを知らない親友の依子(森七菜)の前と、半分【喰種】で仲間みたいになってきているカネキ(窪田正孝)の前とでは見せる顔が違うし…。カネキにはだんだん心を許しつつも、自分の胸に抱えていることもあるし…。いろいろ考えると難しすぎて、観ている人に逆に伝わらないな、と思って。アクションシーンとか、シリアスなシーン以外は普通の女の子でいるようにしましたね。

かなり特殊な役柄ではありますが、その中でも共感できるところや、好きなところはありますか?

心に葛藤を抱えながらもカネキを助けに行くのはすごいというか、かわいらしいなって思います。何ていうんだろう…正義感じゃないですけど、仲間を守りたいっていう気持ちは、私も友達の相談をよく聞いているので共通するのかな? かなり大きいくくりですけど(笑)。

今回はアクションにも挑戦されました。

アクションも大変だったんですけど、トーカのキャラクターでどう戦って、どういう表情をするのか。淡々と倒していくのか、でも刺されまくっているから、その痛みを表現しながら戦うのか、それがすごく難しくて。私は刺されたことなんてないから、想像だけで演じるのは本当に大変でした。

でも完成した作品を観ると、窪田さんは「1回殺されたことあるのかな!?」レベルのすごい表現力なんです。(松田)翔太さんにも学ぶことが多くて…。自分のシーン以外も現場に入ればよかったなって思いました。

アクション現場では、「野猿」って呼ばれてました(笑)

アクションはどのように付けてもらいましたか?

私、ずっと野猿って呼ばれてて(笑)。アクション部の方がやったものを、見よう見まねでやっちゃうんです。ワイヤーは基礎から教えていただいたんですけど、アトラクションみたいですごく楽しかったです。撮り直しになっても、「え、もう1回やる?(ワクワク)」みたいなテンションで(笑)。

それに、現場にいるからこその面白さもあって。綱も何もない空中を吊られながら走っているだけのシーンも、完成版を観て「こうなるんだ」と感動しました。

いい経験になったんですね。

本当に勉強になりました。アクションだけじゃなくて、主演の窪田さんの居方も…。窪田さんはアクションも完璧だし、息遣いも痛みもリアルすぎますし。私が監督と話し合っているときに、後ろから見守ってくださるところとか、主演として堂々としたかっこよさがあって、尊敬しています。

そして、翔太さんのすごさも感じました。私の中では、翔太さんと原作の月山(美食を極めて変態の域に達した【喰種】)のイメージに距離があったんですけど、「いや、この役は翔太さんにしかできないな」って思いましたね。

すばらしい共演者の方々ですね。その中に飛び込むときの感触を覚えていますか?

お話をいただいたときは自信なかったです。それは窪田さんにも翔太さんにもプロデューサーさんにも監督にも正直に伝えて…「全然プランがないです」って。でもだからこそ私なりに、“かっこいいトーカ”、“人間っぽいトーカ”を演じられたらいいなと思いました。

ここまで感情的になったのは初めてでした

最初は自信がなかったトーカ役について、いつごろプランが見えてきましたか?

現場に入って、監督と話し合う時間が増えてくると、「トーカのことを理解してきているな」と感じられるようになりました。監督に意見をぶつけられたのは結構大きかったと思います。

【喰種】は誰も見たことがなく、正解が分からない。だからすごく難しくて…。私の中でいちばん大事なシーンについて監督と話し合ったときは、初めて現場から飛び出しちゃいました(笑)。「私はこうしたい、だから1回見てほしいです」って、感情的になったのは初めてでしたね。

そのときのトーカと山本さんの距離感は、一体化しかかっている感じでしたか?

それは分からないですけど、トーカになると心から笑わなくなるというか、感情が分からなくなることは結構ありました。

でも、そういうとき、窪田さんたちにご飯に連れて行ってもらうことが多くて。今では窪田さんのことを兄貴って呼んでいます。翔太さんも親戚のお兄ちゃんみたいな…何かアメリカンなんですよ! 現場でもずっとふざけているし(笑)。

現場の空気感はすごく良かったんですね。

はい、スタッフさんもみんな仲良くて。もちろんアクションがすごく危険だからピリつくところはありますけど、すごくいい現場だったな~と思います。

私は人見知りで、いろいろ話すことがすぐにはできなくて。でも窪田さんと翔太さんのお二人はご自分のことをすごく話してくださるので、私もちょっとずつ話すようになりました。最後らへんはもう相談会みたいな感じになって、作品が終わってからも緊急招集を掛けて集まっているくらいです(笑)。

山本さんにとって、大きな作品になりましたね。

今の時点ではそうですね。悔しかったことがまず大きくて。人気のある作品に携われることってなかなかないし、プレッシャーもすごくありました。

でも、褒めてくださる方もいるので、成立はしているのかな…と思いつつ、やっぱり満足はしていない。けど、アクションはすごく頑張ったかな〜(笑)。

私、よく気分で機種変更しちゃうんです(笑)

続いて山本さんのスマホライフについてお聞かせください。

そんなにいっぱい使えてないんですけど、写真を撮ったり、SNSを見たりするのに使っています。ポートレートとかご飯とか、SNSに載せるわけじゃないのに、何とな~く撮っちゃいますね。

じゃあ、結構ストレージはいっぱいですか?

でも私すぐリセットしたくなるから、消しちゃうんですよね(笑)。50Gあるけど全然使ってない…のに、この前、気まぐれで機種変更しちゃって。まだ1年しか使ってないし、容量も全然あるし、一切壊れてないんだけど、気分でスマホを変えるときがあります。

新機種に惹かれる?

いやでもiPhone Xs Maxって、最新だけど発売は結構前じゃないですか。「何で今さら変えたんだろう」って、次の日に思ったんですけど。本当に気分で…(笑)。

(笑)。では、オススメの写真加工アプリを教えてください。

「VSCO」で明るさや色を調整したり、フィルムっぽく編集したりしています。最近いろんなアプリがあって、脚を長くしたり、頬骨を削ったり出来るものもあるらしいんです。もう、びっくりですよね! 私、色とかフィルターとか言ってる場合じゃないなって(笑)。

スマホについては、母のほうが進んでいますね(笑)

動画を撮ることはありますか?

一時期ハマってました! 動画をいっぱい撮って、つなげて、映画みたいにするとか。ドラマ「チア☆ダン」のときもみんなの顔を撮って動画っぽいのを作ったし、「東京喰種 トーキョーグール【S】」のときも結構写真を撮りましたね。

先程SNSのお話が出ましたが、山本さんはリプライを送ったりリツイートしたり、ごくごく普通にツイッターを使ってらっしゃいますね。

自由にやってますね(笑)。ツイッターは空いた時間に結構スマホで見ているかもしれないです。

山本さんはモデルとしても活躍してらっしゃいますが、オシャレにスマホが役立つことは?

…オシャレはねぇ、分からない!(いい笑顔)。スマホというより、オシャレが! 「衣装はかわいいけど、私服やばいよね」ってよく言われるんです。でも別に、仕事のときちゃんとしてればいいかなって思うし(笑)。SNSもジャージとかで全然載せちゃうもん。

(笑)。では、体調管理など、他にスマホを役立てたりは?

体調管理もそんなにやってないんですけど…歩数とか測れるものは親が使っています。脈を測ったりとか、それがスマホと連動しているらしく。

お聞きしていると、どうやらお母さまのほうがスマホ活用具合は進んでいますね…?

そう、負けてる!(笑)

Profile

やまもと・まいか
1997年10月13日生まれ、鳥取県出身。2011年、三井のリハウス第14代目リハウスガールでデビュー。近作にドラマ「遊戯みたいにいかない」「チア☆ダン」、映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」など。TBS系「王様のブランチ」にレギュラー出演中。ドラマ「スカム」がMBS6月30日から毎週日曜深夜0:50~(初回は深夜1:50~)、TBS7月2日から毎週火曜深夜1:28~放送。

Information

映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」
7月19日(金)全国ロードショー

トーカ(山本)や【喰種】たちが集う喫茶店「あんていく」の仲間たちとささやかな日常を送っていたカネキ(窪田)は、月山習(松田)から【喰種レストラン】に招待される。カネキの香りにただならぬ執着を見せる美食家<グルメ>の月山は、カネキの周りにも魔の手を伸ばし始め…。

原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」(集英社ヤングジャンプコミックス刊)
監督:川崎拓也、平牧和彦
脚本:御笠ノ忠次
出演:窪田正孝 山本舞香 鈴木伸之 小笠原海 白石隼也 木竜麻生 森七菜 桜田ひより 村井國夫/知英 マギー ダンカン 栁俊太郎 坂東巳之助/松田翔太

©2019「東京喰種【S】」製作委員会
©石田スイ/集英社

撮影:山田大輔 取材・文:坂戸希和美

サイン入り写真プレゼント

山本舞香さんサイン入り写真を
1名様にプレゼント!

応募方法

以下のメールアドレスまでご応募ください。

応募用メールアドレス

nexistyle@nexi.jp

メールの件名は「山本舞香サイン入り写真プレゼント」とし、メール本文にクイズの答えのみを記入し、お送りください。(応募時にはお名前、ご住所、お電話番号等の情報は記入不要です。)

■ 応募用クイズ
映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」で山本舞香さんが演じる役柄の名前(カタカナ3文字)は?

応募締切

2019年8月7日(水)23時59分

当選発表

2019年8月9日(金)

厳正なる抽選の上、当選者の方にはメールにてご連絡させて頂きます。 またご連絡の際に、発送に必要なお届け先情報を別途、お伺いしますので当選メール内に記載される期限までにご回答ください。

※迷惑メール防止などでメールの受信設定をされている場合は、nexiからの当選メールが届きません。「@nexi.jp」からのメールが受信できるように設定を行ってください。

注意事項

※応募は1アドレスにつき1回までとなります。
※抽選結果に関するお問合せにはお答えできませんので、予めご了承ください。
※ご応募いただきましたメールアドレスは、当選のご連絡のみに使用させていたします。抽選後は速やかに消去いたします。