生まれ順でわかる!彼の裏性格・トリセツ

長女、中間子、末っ子、そして一人っ子…。兄弟姉妹でも性格が大きく違うことってありますよね。もちろん、もともとの性格もありますが、実は生まれた順番でそれぞれ変わってくると言われているのです。

男子の気持ちは女子からするとフクザツなもの。良かれと思ってしてあげたことでも、へそを曲げたりすることも少なくありません。そんな彼に対して、どのように接したらいいのでしょうか。

そこで今回は、生まれ順別に「彼の裏性格・トリセツ」をご紹介します。(文・脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

※2019年7月23日時点の情報です。

第一子・長男の彼は…節度を大切にして付き合うこと

長男の彼は常識やルールを重んじる「真面目な性格」の裏に、好奇心旺盛で何にでもチャレンジしたい「子どもの心」を持ち合わせているようです。だからこそ、自分のやりたいことを我慢する強い自制心の持ち主なのかも。「好き嫌い」よりも「良い悪い」で物事を考えるところがあるため、周囲の人から少しカタいと思われることもあるかもしれません。

でも、勇気を持って正しいことを実践できる彼は、きっと信頼されているはず。あなたも、彼と接するときには節度を大切にしてみて。最初はカタくても、だんだん心を開いてくれるはず。

トリセツ3か条

  • 1:主導権を握らせつつ対等な関係づくりを
  • 2:相手にも自分にも厳しい性格だと理解する
  • 3:別れた後は一切復縁はなし

真ん中っ子の彼は…プライドの高さを理解してあげる

真ん中っ子の彼は、優しく温和なムードメーカーだと言えます。常に周囲のことを思いやって、みんなが仲良く楽しくできるように考えているところがあるでしょう。空気を読むのが得意だから、周りの人達が仲良くするために陰で努力する性格だと言えます。

でもその裏では、嘘や不正を許さない厳しい一面も持ち合わせているため、もしもあなたが間違ったことをしそうになったら、正しい方向に修正しようと干渉することもありそう。意外と熱い一面も持っているため、あまり調子に乗ると怒られそう。彼のプライドを理解してあげて。

トリセツ3か条

  • 1:クールでカッコよくありたいためプライドが高い
  • 2:束縛しようとすると逃げ出してしまう
  • 3:ムダが嫌いで何事も計画的に進めたがる

末っ子の彼は…ときにはかまってあげて甘やかす

末っ子の彼は寛大で広い心の持ち主。エネルギーあふれる姿勢は、まるで太陽のようなイメージと言えるかも。みんなの先頭に立って、周囲をグイグイ引っ張るよりも、自然と人々が集まってついてくるタイプでしょう。その裏では、意外と細やかな気配りも行き届いているため、親分肌のようなところもありそう。

でも、ややそそっかしいところがあるので、あなたのフォローが必要かも。実はかなり甘えん坊な性格なので、かまってあげるといいでしょう。

トリセツ3か条

  • 1:自分だけを見つめてもらいたい
  • 2:いつも一緒にいることを愛だと考える
  • 3:親しくなるとコントロールしたがる

一人っ子の彼は…型にはめずに自由にさせてあげる

一人っ子の彼は、爽やかな印象と育ちの良さそうな雰囲気を身にまとっているタイプかも。礼儀作法もコミュニケーションスキルもしっかりしているため、第一印象は「良い人」というイメージを持たれやすいでしょう。

でもその裏側では、かなりスケールの大きいことを考えていて、小さい世界で収まることを良しとしないはず。特に、ビジネスで活躍するケースも少なくなさそう。付き合ってもあまり型にはめ込まず、のびのびとさせてあげるのが一番。それが円満の秘訣でしょう。

トリセツ3か条

  • 1:自由や価値観を尊重してあげないとむくれる
  • 2:釣った魚にはエサをあげないタイプ
  • 3:繊細で不安定なガラス細工の心の持ち主

実は心理学者の説によると、人の性格の違いは“生まれた順番”に深く関係しているとされています。その理由として、親がそれぞれ子供に違う接し方をするため、それに合った性格形成がされていくからなのです。

そのため、彼が何番目に生まれたかを知ることで、一度扱い方を把握しておけば、意外と簡単に手玉に取ることも可能に。彼のトリセツを知っておけば、きっと愛されること間違いなし!ですよ。