Special Interview中村倫也

TBS系で放送中のドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま)で、すべての女子を虜にする危険な自由人・安良城ゴンを演じる中村倫也さん。

掴みどころのないゴンの役について、また、黒木華さん、高橋一生さんら共演者との現場のエピソードについてうかがいました。気になる中村さんのスマホライフもチェックです!

※2019年7月20日時点の情報です。

“自由人”であるゴンは、本当に自由なのかな? と思いながら

「凪のお暇」は、人間関係に疲れたOLの凪(黒木)がすべてをリセットする物語。中村さん演じる凪の隣人・ゴンは、どんな役どころですか?

どんなやつなんですかね(笑)。最初は“謎の人”で、だんだん“優しくて居心地のいい人”になり、それだけじゃないっていうのも出てきて。

このドラマの登場人物って、凪も、凪の元彼の慎二(高橋)もどこかしら孤独というか、人に見せられない瞬間、理解してもらえない部分があるんです。だからゴンにもきっとあるんだろうなと思いながら…でも、「こういう人だ」とは決めず、ゴンという人間の謎を一枚一枚はがして、中の柔らかいものを見ていくように演じています。

最初は凪にとって救いの神になりそうでしたが、なかなか一筋縄ではいかない複雑さが垣間見えつつあります。

ゴンは“自由人”ってふれ込みですけど、本当に自由なのかって言われたらそうじゃない気が薄々しているんです。それはこれから確認作業していくんですけど。僕の思う「自由」は、制限の中にあるものなんですよ。枠があるから初めて自由がある気がしていて。

ゴンは根無し草なだけで、根を張ったとき――たとえば恋をしたり、限界を感じたりしたときに何を選択するのか、どういうものが生まれるかで本当に自由かどうかが見えてくるし、それがきっと成長につながる気がします。でもまだゴンは限界について無自覚なので、良い悪いじゃなくて、これからなんだろうなと。後半はきっとドラマオリジナルになると思うので、僕自身も楽しみにしています。

現場の様子はいかがですか?

楽しいです。みんなにこにこ撮影しています。黒木さんは人見知りって言ってたんですけど、「そんなことないじゃん」って思うくらい、わりとすぐ心を開いてくれた気がします。いや、分かんないけど(笑)。黒木さんも一生さんも本当に素敵な役者さんなので、どんどん増えていく共演シーンが楽しみです。

山に降った雨が地下水になるように染み入るドラマです

視聴者としては、タイプの違うゴンと慎二、中村さんと高橋さんの共演にも期待が高まります。

一生さんは先輩で、僕よりきっといろいろなものを見て、いろいろな“トライアンドエラー”を繰り返してきていると思うので、現場で一個一個見させてもらって、得るものが多い方だと感じています。そうやって役者同士としては胸を借りつつ、人としては共通の話題で盛り上がって一緒に混ざりつつ、楽にできればいいなという感じです。

ちなみに、共通の話題とは?

一生さんの中で、第何次か分かんないですけど「ドラゴンボール」ブームが来ているらしくて(笑)。そういう話だったり、あと自転車の話だったり。本当に雑談ですね(笑)。

物語は中盤を迎えますが、今後の見どころを教えてください。

黒木さんと一生さんと共演って聞いたとき、僕はまず、あまりテレビドラマで見たことないバランスの作品になりそうだと思ってワクワクしたんです。もちろん、そこに自分が混ざれるか、不安というかプレッシャーもありましたが(笑)。

このドラマの台本を読んで、言いきれない不確かさや矛盾があるのが人間なんだなってあらためて感じました。みんなの前で楽しく道化を演じていても、一人で家に帰ってドア閉めた瞬間に、はーってため息が出ることがあるだろうし。「凪のお暇」は、そういうものをあえて描いて、そこから成長があるというのを見せていくドラマだと思うんですよね。

観てくれる方たちもきっと「何か知ってるな、この感覚」ってなったり、「違うよバカ!」ってなったり、いつの間にか一緒になって応援したり…。明確に言葉にできないものを、三角関係という軽いタッチの娯楽性の奥に感じてもらえるんじゃないかなと。恋愛模様にキュンとしながら、山に雨が浸透して地下水になっていくような楽しみ方ができる面もある“お暇”だなと思っています。

レスを気にする文化は全くありません

続いて中村さんのスマホライフについておうかがいします。普段、どれくらいスマホをお使いですか?

仕事の現場では預けているので、たまに使うくらいですね。「凪のお暇」も、みんなとしゃべっていることが多い現場ですし。

中村さんはTwitterをされていますが、投稿する際に心がけていることは?

基本的には自分が出演した作品のお知らせや、ニュースのリツイートに言葉を添えるくらいで、あまり考えちゃいないです(笑)。でも文章は投稿する前に15回くらい確認しています。何気ない言葉で見ている人が傷つくかもしれないし…といっても限界はありますけど、そういう可能性は出来る限りなくしておきたいので。

メッセージアプリではすぐに返信するタイプですか?

気分と相手によりますね。レスを気にする文化は僕には全くないです! でも、(ドラマの)凪ちゃんみたいに気にする人も多いんだよね?

気にする方が多い印象ですね。

「了解です」にしても「!」をつけるか「。」で終わるかスタンプで終わらすか、相手によって変わるじゃないですか。「この人にはすぐ返さなきゃ」「この人は後でいいや」って、きっとあると思うんですけど…、みんな(空気を読み過ぎて行き詰まり、人生をリセットした)凪ちゃんだね! 国民総凪ちゃん化計画ですよ。

スマホやタブレットをお仕事に活用されていますか?

自分のトークライブの資料を作ったり、台本を書いたり、映像を作ったりは全部iPadでやっています。MacBook Proも買ったんですけど、結局iPadを使ってる。

結局タブレットが便利だったと…。

そうなんでしょうね、使い慣れてるし。持ち歩けるから撮影の合間に2分くらいの映像を編集したり、音を付けたりできて便利ですよね。iPadは2つ持っているので、スマホ、パソコン、タブレットでは、タブレットを一番活用しているかも。あとスケジュールは、iCloudでフォルダを作って全部の端末で同期しています。

ホーム画面もデスクトップも部屋もきちんと整理

よく使うアプリは?

仕事だと「Twitter」、乗り換えや運転など交通系のアプリ、それに「TVer」などの動画配信系アプリ。あと「Kindle」で原作を読むこともあります。でもアプリの数はそんなに多くなくて、先程の映像制作も、もともと入っている「iMovie」でやっていました。あとは、絵を描くときに「Procreate」を使っているくらいです。

ということは、ホーム画面はかなりすっきりしていそうですね。

はい、とっ散らかってないですね(笑)。待受画面もシンプルに真っ黒にしていますし、ホーム画面も2面しかなく、ほとんど変化していないので、「画面を見ないで起動して」って言われてもできるくらい。わりと“あるべき場所にリモコンがある”って感じで、僕のリアルな部屋と同じです(笑)。

アプリの数が少ないわりにかなり活用されているので、最初から入っている機能をうまく使っていらっしゃる印象ですが…。

いや、実は分かってないですよ(笑)。スヌーズ(目覚まし時計でアラームを止めても、数分ごとに何度も鳴り出す二度寝防止機能)の意味すら分かってないですもん。スヌーピーしか知らないです。

(笑)。スマホに望む機能などはありますか?

撮った写真をPDFファイル化する機能ですね。台本をカシャって撮ったらピシーってなるやつ。以前、僕が使っていたアプリはまだ精度が低くて、結局プリンターでスキャンしたほうが見やすかったんですよね。「あ~、だめだぁ~」みたいになった覚えがあります。

中村さんは、がっかりするときも柔らかい口調なんですね(笑)。

そりゃそうですよ! テクノロジーを借りさせてもらってるわけですから。文句があるなら自分で作れっていう話ですからね!(笑)

(笑)。他に“スマホ”で思い浮かぶことがあれば教えてください。

僕、スマホカバーにしているくらいバナナマンさんが大好きなんですが、どこにいても、radikoでバナナマンさんのラジオを聴けるのがすごくうれしいですね。昨日の夜も聴いていました。本当に便利な世の中になったな~と思います。

Profile

なかむら・ともや
1986年12月24日生まれ、東京都出身。2005年俳優デビュー。近作にドラマ「半分、青い。」「崖っぷちホテル!」「初めて恋をした日に読む話」など。吹き替えで主演を務めた映画「アラジン」など。2019年公開予定「屍人荘の殺人」が公開予定。

Information

金曜ドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま)
毎週金曜よる10時〜 TBS系にて放送中

空気を読んで真面目に優しく生きてきた28歳の凪(黒木)は、仕事を押し付けてくる同僚たちの陰口と、隠れて付き合っている恋人・慎二(高橋)が体目当てだということを知り、過呼吸となって退職。恋も仕事もSNSも全部捨て、引っ越したボロアパートで怪しげな隣人・ゴン(中村)らと出会い、少しずつ解放されていくが…。

出演:黒木華、高橋一生、中村倫也、市川実日子 /片平なぎさ/ 吉田羊、三田佳子 ほか

撮影:松井伴実 スタイリング:戸倉祥仁 ヘアメイク:Emiy 取材・文:坂戸希和美

サイン入り写真プレゼント

中村倫也さんサイン入り写真を
1名様にプレゼント!

応募方法

以下のメールアドレスまでご応募ください。

応募用メールアドレス

nexistyle@nexi.jp

メールの件名は「中村倫也サイン入り写真プレゼント」とし、メール本文にクイズの答えのみを記入し、お送りください。(応募時にはお名前、ご住所、お電話番号等の情報は記入不要です。)

■ 応募用クイズ
ドラマ「凪のお暇」で中村倫也さんが演じる役の名前(カタカナ2文字)は?

応募締切

2019年9月9日(月)23時59分

当選発表

2019年9月10日(火)

厳正なる抽選の上、当選者の方にはメールにてご連絡させて頂きます。 またご連絡の際に、発送に必要なお届け先情報を別途、お伺いしますので当選メール内に記載される期限までにご回答ください。

※迷惑メール防止などでメールの受信設定をされている場合は、nexiからの当選メールが届きません。「@nexi.jp」からのメールが受信できるように設定を行ってください。

注意事項

※応募は1アドレスにつき1回までとなります。
※抽選結果に関するお問合せにはお答えできませんので、予めご了承ください。
※ご応募いただきましたメールアドレスは、当選のご連絡のみに使用させていたします。抽選後は速やかに消去いたします。