生年月日でわかる!あなたが“愛されるため”には?

人間誰しも“愛されたい”という願望を持っているもの。でも、そのためにどうやって自分を活かすべきかは、なかなか分からないことが多いですよね。

そこで今回は、あなたの生年月日から「あなたが愛されるためのメッセージ」を探ってみましょう。(文・脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

※2019年8月2日時点の情報です。

数秘術とは?

数秘術は、生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

1992年2月17日生まれ年の場合、まず生まれ年をバラバラにして足します(1+9+9+2=21)。そこから導かれた数字を一桁になるまで足します(2+1=3)。生まれ月の2はそのまま、生まれ日も同様に計算します(1+7=8)。最後にそれぞれで導かれた数字を一桁になるまで足します(3+2+8=13→1+3=4)。よって、1992年2月17日生まれの人のナンバーは「4」となります。

ナンバー1・8のタイプ…アドバイザーの言葉に耳を傾ける

恋をしていく中では、途中で様々な障害が現れてくるかもしれません。しかし、焦ってはいけません。一足飛びを辞め、一歩一歩踏みしめて少しずつ前進をすることが大切なのです。

あなたが一歩一歩恋を進めるために大切なのは、相談相手をみつけること。決して自分ひとりの力だけで上手くいくと過信せず、経験豊かな協力者の忠告に耳を傾けることを忘れないでください。人の話に耳を傾ければ、それだけであなたはモテ体質になれるのです。

ナンバー2・9のタイプ…心からリラックスして恋をする

あなたの恋が最も上手くいくのは、リラックスしている時です。好きな相手に心から優しくなれるのも、心が穏やかだからです。

あなたにとって、温和であるということは、いい恋をする上でとても重要なのです。物事にこだわらず柔軟であることで、恋の悩みや苦しみから解放され、あなた本来の魅力が輝き始めます。風のようにしなやかであることこそが、自分と相手の心をほぐし、いい恋を手に入れる唯一無二の方法なのです。

ナンバー3・5・6のタイプ…自分も相手も縛らない

あなたの恋愛に束縛は似合いません。なぜなら、自由と平和の中にこそあなたの資質を活かす“恋の種”が隠されているからです。

あなたは恋のチャンスを掴むスピーディーさを与えられた存在ですが、過信するのは禁物。自分の満足だけでなく、相手の幸せを願う精神が合わさってこそ初めて、あなたの心が開放され素敵な恋ができるのです。相手を「許す」という精神を持ち続けることこそが、あなたの人生のテーマなのです。

ナンバー4・7のタイプ…自分の内面と対話する

恋愛に対して誠実であるというのは、相手に対しての振る舞いだけではありません。自分自身に対して忠実であるということも含まれています。

自分の思う正しさに身をゆだねているときには、いい恋がやってくるもの。自分を偽ることでごまかせるのは表面的な部分だけです。しかし、自分の心に静かに目を向けてみると、「自分がしてもらいたいことを他人も求めている」という結論が見えてくるはずです。彼の幸福を心から願えている状態であれば、あなたの恋愛は順調だということを覚えておいてください。

古くから、生年月日にはその人“固有のパワー”が宿っていると信じられてきました。そして、そこから様々なことを知ることができるとされたそうです。

特に、自分では知らない自分の本質を知る上では、他の占いよりも優れている面がさまざまあります。そんな生年月日占いを上手に活用して、あなたの愛されるポイントを伸ばしてみましょう。ちょっとした着眼点で、きっと人生観が変わるはずです。