ワイヤレスで簡単に充電可能!便利なスマートフォン「充電スタンド」4つ

生活の中でスマホが欠かせない現代においては、スマホの充電スタンドもとても大事なものです。

より便利でより使いやすい充電スタンドを活用すれば、スマホライフもさらに充実したものになっていくでしょう。

そこで今回は、とても便利なスマートフォンの「充電スタンド」を4つほど紹介していきます。

※2019年8月27日時点の情報です。

「スマホケース」を外さずに充電できるワイヤレススタンド

最大5Wでワイヤレス充電を行えるQi対応の「BOOST CHARGE ワイヤレス充電スタンド」(belkin)。

これ1台あれば、Apple、サムスン、Google、ソニー、LGなど、Qi対応のデバイスを最大5Wのワイヤレス充電が可能。

また、設置場所を選ばないシンプルなデザインで、プラグやアダプター、ケーブルを使用せずに、Qi対応のスマートフォンを充電します。

パッドにはクッションが入っているので、デバイスが滑り落ちる心配もありません。

厚さ3mmまでのプラスチックケースなら、外さずそのままワイヤレス充電が可能です。

LEDライトが点灯し、正常にデバイスが充電されていることをお知らせ。

また、Qi認証を受けた送電コイルを搭載しているため、充電パッドにスマートフォンを置くだけで、電磁誘導により充電を開始します。

詳しくはこちら

複数の「Apple機器」を同時に充電できる

Appleファン待望のオールインワンで便利な充電器「Plux」(Vinpok)。

iPhone 8/X、Apple Watch、AirPodsなどの複数の電子機器を所有していると、全てに異なる充電器とケーブルが必要。そうなると、部屋に溢れるケーブルと充電器にうんざりしたりもするでしょう。

でも、「Plux」であれば、Qi対応で新しいiPhone、Apple Watch、AirPodsをワイヤレスでまとめて一度に素早く充電できます。

高速充電テクノロジーを使用して、「Plux」はiPhone 8/X、Apple Watch、AirPodsに最大10Wの電力を供給できます。

これは、標準のワイヤレス充電器よりも33%も高速で充電が可能になる方法です。

ケースに入れたままの充電もできるので、面倒な取り外し作業も必要ありません。(ケース素材が金属ではなく、また厚みが3mmを超えない場合。)

さらに、付属のスタンドコンバーターを使用すれば、Apple Watchの純正充電ケーブルを充電スタンドに簡単に組み込めます。

※Apple Watchの充電ケーブルは本製品には付属しません。Apple Watch購入時に付属している純正品をご利用ください。

詳しくはこちら

「1台で3役」をこなすQi対応ワイヤレス充電器

画面を垂直に見せるデスクトップ型のスリムな充電スタンド「HiRise Wireless」(Twelve South)。

直立したままの状態でスマートフォンを充電可能。

着信メッセージや天気予報など、画面に出る通知にも気づきやすくなります。

ハンズフリー通話や動画の視聴も、充電しながら好きな姿勢で楽しめます。

充電部分であるパワーディスクを取り外せば、ポータブル充電パッドとして持ち運びもOK。

直径87mmの小型パッドなので、邪魔にならずに鞄やトランクに入れられるサイズです。

※パワーディスクだけでは充電できません。USB-C-USB-Aケーブルも必要です。

Qi認証を受けているパワーディスクは、AirPodsの充電用スタンドにもなります。

パワーディスクは外に持ち運べるので、外出先でも充電可能です。

詳しくはこちら

「テレビ」をモチーフにしたレトロなスタンド型充電器

昔懐かしのレトロなブラウン管テレビをモチーフにした、Qi対応のスマートフォン充電スタンド「Retroduck Q」(SK Global)。

昭和のテレビを彷彿とさせるガチャガチャタイプのチャンネルや、背面に丸みを帯びたブラウン管のフォルムを再現。

画面の視聴角度の調整や、スマホの落下を防ぐ滑り止めパッドなどもついていて、充電中にテレビ電話や動画を快適に楽しむことができます。

スマホを置くだけで充電できるワイヤレス給電規格「Qi」をサポートし、10W高速ワイヤレス充電にも対応しています。

カラーバリエーションは、レッド・ディムグレー・モノホワイトの3色で、どんな部屋にもピッタリ合う落ち着いた色調のバリエーションです。

詳しくはこちら

最近では、Qi対応のワイヤレス充電器が主流となってきています。スマホを置くだけで充電ができて、たくさんのコードが部屋に溢れるようなこともなくなるので、とても便利なアイテムですよ。