台湾発祥!最も美しいタピオカドリンク「Bobii Frutii」待望の日本初上陸

台湾発祥のプレミアムタピオカスムージー「Bobii Frutii (ボビーフルーティ)」が2019年9月1日(日)より、表参道でポップアップスタンドをオープン!

今回は「最も美しい」と言われる、世界中で話題の販売メニューの詳細についてご紹介します。

※2019年9月4日時点の情報です。

「最も美しい」と話題のタピオカドリンクがついに表参道に上陸!

いま話題のタピオカドリンクですが、「Bobii Frutii」は2016年にタピオカティー好きの台湾カップルが設立。台湾のお茶文化と東西洋のファッション性を合わせ、世界を魅了するドリンクを作るブランドとして、現在台湾をはじめとし、シンガポール・中国・カナダの4ヵ国で展開中とのことです。

「Bobii Frutii」は見た目がキレイなだけではなく、台湾産の特級茶葉を厳選し、産地にこだわったフルーツを使用。色鮮やかな印象に対し、人工着色料・保存料・香料などは一切不使用の、無添加で安心安全、最高品質のドリンクを味わうことができます。

また、商品のネーミングがユニークであり、各ドリンクにネーミングに由来するそれぞれのストーリーあることも大きな特徴のひとつです。

お気に入りの一杯が見つかる!台湾人気のタピオカドリンクが登場

今回のポップアップスタンドでは、数あるメニューの中から、台湾本店で人気の「人魚の涙」「働きたくねぇ」「少年時代」の3種類を展開。

「人魚の涙」(税込800円)は、深い紺碧の海にのんびりと暮らしている人魚の涙と、人魚の住む海辺の夕日のような美しいグラデーションを、マンゴースムージー+牛乳+レモン+蜂蜜+ブルータピオカで表現しています。

「働きたくねぇ」(税込680円)では、長く退屈な会議の間に、瞬間移動で旅行ができるような、リフレッシュなひと時を再現。

烏龍茶+牛乳+ブルータピオカ。芳醇なウーロン茶とクリスタルボールのような青いタピオカは、大人の味わいの中にいつもと違う風景をみせてくれるとのことです。

「少年時代」(税込680円)は、子どもの頃のおやつ(黒糖クッキーと一本の牛乳)を再現。黒糖の素朴な甘さと香りに、牛乳が合わさって、口の中で子供時代の懐かしい味が蘇ります。こちらは、黒糖+牛乳+黒糖タピオカ。

ポップアップスタンドのオープン期間は、2019年9月1日(日)~9月30日(水)まで。最も美しいタピオカドリンクとして話題の「Bobii Frutii」。気になる方はぜひ足を運んでみてはいかが?

詳細はこちら