ミレニアル世代の共働き夫婦に!お金の管理・貯金アプリ「OsidOri」がリリース

仕事に、家庭に、忙しい共働き夫婦のための、お金の管理・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」がサービスを開始しました。

いまや2400万人超いるといわれている、共働き夫婦。今回は、現代の共働き夫婦にフィットした本アプリの詳細をご紹介します。

※2019年09月04日時点の情報です。

ミレニアル世代の共働き夫婦におススメ

「OsidOri(オシドリ)」は、共働き夫婦に最適な、お金の管理・貯金アプリ。女性の社会進出や産後の社会復帰などが広がり、いまや共働きは全夫婦の2/3以上の2,400万人を超えているそう。

・専業主婦世帯と共働き世帯(1980年~2018年)

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構

本アプリは、なかでもミレニアル世代(西暦2000年前後以降に成人になった世代)の共働き夫婦の特徴にフィット。夫婦と個人のお金を1つのアプリで管理しつつ(プライバシーも担保)、お金のやり取りを簡単に、 家族貯金などの機能を備えたアプリです。

昔は「お小遣い制」だった夫婦のお金の管理も、いまは「家族のお金も、個人のお金も両方大事」という意識から、「分担制」に変化しています。

ただし、実際は共通口座にお金を入れ合い、家賃や食費等の費目は担当制で、残った自分のお金は自由に使っているという夫婦が多いのでは?

しかし、夫婦と個人の複数のお金があることで管理が複雑化し、将来の家族の資産形成が不安、という一面も。

「OsidOri」は、こうした共働き夫婦にフィットしたサービスで、一人用家計簿アプリを共用で使用した際の、個人の購買情報が筒抜け状態を避けられるだけではなく、家族分の支出をその都度、精算する手間が省けます。

「OsidOri(オシドリ)」の機能とは?

具体的な「OsidOri(オシドリ)」機能は、以下の通りです。

まず、1つ目は「夫婦と自分のお金を1つのアプリで管理できる」機能。夫婦のお金はシェアし、自分のお金は個人ページで管理。これならプライバシーも担保できます。

2つ目は、「夫婦間のお金のやり取りが簡単にできる」機能。共有したい支払だけを選びスワイプするだけで、一瞬でシェアができます。これなら自分の口座を全部共有しなくても済みますね。

3つ目は、「旅行や教育資金など、家族貯金を簡単にスタートできる」機能。いま世間を賑わせている、老後資金2,000万円の準備へのはじめの一歩目に。家族の将来像も立ちやすくなるでしょう。

なお、本アプリはJAアクセラレーターなどの各種プログラムに採択、グロービスベンチャーチャレンジ「大賞」など複数のイベントで受賞をしております。ミレニアル世代だけでなく、全世代の共働き夫婦は、試してみる価値があるのでは!?

いまや大多数を占める共働き夫婦。家庭のお金の管理も、時代とともに変化しつつあります。お金は家庭と個々、別々で、と考える夫婦には、ピッタリの管理アプリなのでは? 気になる夫婦のみなさんは、ぜひ一度チェックしてみてください。

iPhone