『殺カレ死カノ』間宮祥太朗が桜井日奈子に「今起きたら、殺す…」言葉とは裏腹な胸キュン映像初解禁!

Twitter発の大人気コミックを、間宮祥太朗と桜井日奈子のW主演で映画化した『殺さない彼と死なない彼女』が、11月15日(金)より全国ロードショーとなります。

「泣ける」と話題の四コマの映画化ですが、気になる本作の本予告映像&ポスタービジュアルが解禁になりました!(文:赤山恭子)

※2019年09月06日時点の情報です。

「調子に乗るな、殺すぞ」今秋話題の予測不能なラブストーリー

『殺さない彼と死なない彼女』は、何にも興味が持てず退屈な高校生活を送っている高校3年の小坂れい(間宮)と、クラスメイト・鹿野なな(桜井)による、ニュータイプ・ラブストーリーです。

ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬している鹿野を見かけ、虫の命を大切に扱う心優しい一面を知ります。しかし、実は、鹿野はネガティブな言動で周囲から孤立した、リストカット常習者という顔を持っていました。

「死にたがり」の鹿野に興味を抱いた小坂は、「ハチの埋葬」をきっかけに距離を縮めていくのですが…。

解禁された本予告映像では、鹿野がリストカットしようとするのを、小坂がスマホで撮影しているシーンから始まります。

「調子に乗るな、殺すぞ」、「死ね」と冷たい口調の小坂に対し、「死んでやる」、「余計に死にたくなる」と倍返し状態で答える鹿野。

しかし、「私が死んだら悲しい?」と鹿野が聞けば、「お前は?俺が死んだらどう?」と小坂が返したりするなど、言葉とは裏腹にコミュニケーションを楽しんでいるような会話が展開されます。

ついには、「私が死んでも世界は何も変わらないよね」と切ない鹿野のトーンに応じるように、小坂が「お前が死んだら俺は少し変わるな」と、胸キュンに思えるやり取りがふたりを包み込むのです。

解禁された映像は、小坂と鹿野だけにとどまらず、地味な地味子(恒松祐里)と親友のきゃぴ子(堀田真由)、さらには、告白が日課の撫子(箭内夢菜)と、撫子が想いを寄せる八千代(ゆうたろう)などの濃い人物たちも描かれ、不器用で純粋な高校生の恋と運命が交錯していきます。

本予告の最後では、寝ている鹿野に顔を近づけた小坂が、「今起きたら、殺す」とつぶやく映像が活写、予測不能なラブストーリーに期待高まる内容となっています。

「君の隣で、世界は変わる。」というコピーが光る本作は、10月28日(月)から開催される第32回東京国際映画祭でも、特別招待作品として上映が決定しています。公開をお楽しみに!