藤原竜也が小栗旬にゼロ距離で囁く『人間失格 太宰治と3人の女たち』最新本編映像解禁

「なあ太宰、もっと堕ちろよ」

9月13日(金)より全国公開される映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の、最新本編映像が解禁されました。

この度公開されたのは、藤原竜也演じる作家・坂口安吾が太宰治(小栗旬)に酒場で語りかけるシーン。“ゼロ距離&でこピタ”の妖しげな雰囲気が、物語への興味をより一層かき立てます。

※2019年09月07日時点の情報です。

不朽の名作『人間失格』誕生秘話を豪華キャストで描く!

“昭和を代表する文豪”太宰治の自伝的小説『人間失格』は、人間の本質を鋭く捉えた不朽の名作として世界中で読み継がれています。

その誕生秘話を、蜷川実花監督、小栗旬×宮沢りえ×沢尻エリカ×二階堂ふみの豪華キャストで華麗に映像化。39歳の若さで自らこの世を去った“天才”の数奇な人生を、俳優・小栗旬が色気たっぷりに体当たりで演じています。

距離近すぎ…!藤原の怪演に惹きつけられる最新本編映像

そしてこの度届いた最新本編映像は、退廃的な酒場でのシーン。

© 2019 『人間失格』製作委員会

同じく“昭和を代表する作家”坂口安吾(藤原)が太宰(小栗)に、同じ作家として“親切な”アドバイス。「女房だの子どもだの、壊れちゃ困るもんなんて、作家は持っちゃいけねえんだよ」と、もっともらしいことを言い聞かせます。

さらに「なあ太宰、もおぉぉっと堕ちろよ」と“でこピタ”&ゼロ距離で小栗に妖しくささやき、直後に酔っぱらって椅子からダウン。

太宰の作家としての成功を心から願っているのか、それとも単にひとりの男が堕ちていく姿を見たいだけなのか…? どちらともとれる藤原の怪演ぶりに、注目です!

日本人なら誰もが知っている太宰治の人生を、蜷川×小栗が色鮮やかに再解釈した本作。最近刺激や情熱が足りないと感じる人は、この秋映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?