dヒッツでクラシックを楽しもう

クラシックも定額制音楽配信サービスで聴く時代!音楽をもっと気軽に!身近に!

今話題の定額制音楽配信サービスですが、dヒッツでは邦楽や洋楽だけでなく、クラシック音楽も聴けるのをご存知ですか? dヒッツでは、公開中の映画「羊と鋼の森」で話題の久石譲さん、辻井伸行さんのプログラムから、クラシックを日常に取り入れたプログラムまで、幅広く楽しめるクラシック音楽が聴き放題。普段あまり聴かない人もぜひこの機会に触れてみて!

※2018年6月4日時点の情報です。

「今さら聞けない dヒッツの楽しみ方」

ジブリ作品や北野武作品で人気の、久石譲さんの“アノ名曲”が聴き放題!

アーティストプログラム「久石譲」

<収録曲>

  • ・人生のメリーゴーランド(インストゥルメンタル)
  • ・Summer
  • ・6番目の駅[千と千尋の神隠し]
  • ・風のとおり道(インストゥルメンタル)
  • ・帰らざる日々(紅の豚)
  • ・アシタカせっ記(エンディング)[もののけ姫]
  • ・天空の城ラピュタ
  • ・アシタカとサン[もののけ姫]
  • ・合唱 君をのせて
  • ・海の見える街[魔女の宅急便]
  • ・あの夏へ[千と千尋の神隠し]
  • ・「鳥の人」〜エンディング〜

アメリカを代表する国際コンテストで日本人で初めて優勝。盲目のピアニストによる魂の演奏を!

アーティストプログラム「辻井伸行」

<収録曲>

  • ・亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
  • ・ラ・カンパネラ
  • ・英雄ポロネーズ(ショパン)
  • ・ピアノ協奏曲第2番(第2楽章より(ラフマニノフ))
  • ・それでも、生きてゆく
  • ・愛の夢 第3番
  • ・バラード第1番 ト短調 作品23(ショパン)
  • ・ハンガリー狂詩曲(リスト)
  • ・コルトナの朝
  • ・神様のカルテ

時代を超えて愛されるバンド・ビートルズの名曲がクラシックのアレンジで蘇る!

「クラシックで聴くビートルズ」

<主な収録曲>

  • ・抱きしめたい(カバー)
  • ・イエスタデイ(カバー)
  • ・レット・イット・ビー(カバー)
  • ・ゲット・バック(カバー)
  • ・Here There And Everywhere
  • ・ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(カバー)
  • ・オール・マイ・ラヴィング
  • ・ミッシェル(ギターカバー)
  • 他計15曲

シチュエーションに合わせたプログラムが多数。クラシックをより身近に楽しもう!

「快眠クラシック 女子編」

肌ざわりのいいお気に入りのルームウェアに包まれているような、幸せな気分で眠りを誘う楽曲を集めました。

<主な収録曲>

  • ・夢(ダウランド)
  • ・サン=サーンス:子守唄 変ロ長調 Op.38
  • ・ショパン:夜想曲第2番 変ホ長調 Op.9, No.2
  • ・チャイコフスキー:バレエ音楽「眠れる森の美女」ー第2幕パノラマ
  • ・ニールセン:聖夜の夢 FS 34
  • ・リスト:愛の夢 Ⅲ
  • ・夢想(ドビュッシー)
  • 他計30曲

「雨の日カフェ ー クラシックを聴きながら」

雨の日の憂鬱が安らかな気持ちに変わるような、やさしい音楽をラインナップしたクラシック・カフェBGM。

<主な収録曲>

  • ・ヴァイス:リュート・ソナタ第5番 ト長調 -I. Prelude
  • ・ラヴェル:ハイドンの名によるメヌエット
  • ・バリオス:森に夢みる
  • ・ダウランド:憂鬱なガイヤルド P.25
  • ・パガニーニ:グランド・ソナタ -Romanza
  • ・タルレガ:グラン・ワルツ
  • ・J.S.バッハ:G線上のアリア(コントラバス編)
  • 他計29曲

「美容タイムを優雅に彩ってくれるクラシックBGM」

フェイスケアしたりヨガしたり・・・心身ともにリラックスでき、美容効果が上がそうなクラシックです。

<主な収録曲>

  • ・J.S.バッハ:主よ人の望みの喜びよ
  • ・組曲《動物の謝肉祭》:第10曲:大きな鳥籠
  • ・マルチェッロ:オーボエ協奏曲 ニ短調 〜第2楽章(ベニスの愛)
  • ・組曲《水上の音楽》:17.メヌエット
  • ・パッヘルベルのカノン
  • 他計10曲

dヒッツが
パソコンでも楽しめるようになりました!

これまで、全キャリアのスマホ、一部タブレットでの利用が主だったdヒッツ。昨年11月から、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービスAmazon Alexaに対応していますが、このたび、パソコンでも利用できることになりました。利用シーンに応じたお好みのデバイスで、音楽を楽しみましょう!

関連記事

ページトップへ